オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > オリックス銀行カードローンの利用限度額は幾ら?年収との関係とは

オリックス銀行カードローンの利用限度額は幾ら?年収との関係とは

オリックス銀行カードローンの利用限度額は段階的なコースに分けられ、申込時にこれを選ぶようになっていて、自分の必要に応じて適正なコースが選べます。

ただし、当然審査が行われるため、年収などが考慮され自分の希望通りの利用限度額になる保証はありません。

また金利はコース毎に多少の幅を持って決められており、コースごとに一律に決まるのではなく、審査で設定された幅内で決まることになります。

カードローンの利用限度額というものは最初から希望通りに行くものではなく、徐々に増額して希望に近づけるものです。利用を開始したら信用を失わないように注意して徐々に希望の利用限度額に近づけるようにしましょう。

オリックス銀行カードローンは利用限度額によるコースに分かれる!

通常カードローンでは利用限度額には大きな幅が有って融資額を希望して申込みを行うようになっていています。

しかしオリックス銀行カードローンは利用限度額が段階的に区切られていてこれをコースと呼び、申込みは希望融資額ではなくこのコースを指定して行うことになっています。

当然ですが利用限度額が高いコースになればなるほど、返済能力や信用が問われることになり、審査としては厳しくなっていくことになりますから、申込みに当たっては希望だけではなく自分の状況を考えてコースを決めなければなりません。

利用限度額は段階的に区切られるコースに分かれている

オリックス銀行カードローンの利用限度額は800万円までを10のコースに分けています。各コースの利用限度額と金利は次の通りです。

コース 利用限度額 金利
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%
100万円コース 100万円 9.0%~14.8%
150万円コース 100万円超150万円以内 9.0%~14.8%
200万円コース 150万円超200万円以内 6.0%~12.8%
300万円コース 200万円超300万円以内 6.0%~12.8%
400万円コース 300万円超400万円以内 4.5%~8.8%
500万円コース 400万円超500万円以内 4.5%~8.8%
600万円コース 500万円超600万円以内 3.5%~5.8%
700万円コース 600万円超700万円以内 3.5%~5.8%
800万円コース 700万円超800万円以内 3.0%~4.8%

利用限度額は10万円単位。

申込み時にコースを選択する

申込みを行う場合他のカードローンであれば希望する融資額を指定しますが、オリックス銀行カードローンの場合には申込時に自分の希望する融資額に見合うコースを指定して申込みます。

例えば希望融資額が250万円だとすると、申込時に指定するのは300万円コースということになります。

消費者金融の場合には総量規制が適用されますから、年収の3分の1以上の借り入れはできませんので、あまり大きな希望融資額を指定しても意味はありませんが、オリックス銀行は銀行ですから総量規制は適用されません。

したがって法的には借入希望は年収に関係なく大きな希望を出しても文句は言われません。

申込時には自分の必要なお金のコースを指定しても良いですし、実際の自分の年収に見合った現実的な希望を出しても構いません。申込み以後はオリックス銀行の方の判断次第ということになります。

希望通りの利用限度額になるとは限らない!年収も審査に影響する

オリックス銀行カードローンも審査が行われますから、自分の希望する利用限度額のコースになるとは限りません。オリックス銀行とのお付き合い状況から考えれば、最初からそう大きな金額を借りられる訳がないのです。

審査では様々な方向から検討が行われ利用限度額がが決められ、利用できるのはこの利用限度額の枠内ということになります。

ただしこの利用限度額というのは利用状況によって見直され、利用状況が良好であれば、徐々に増額されていくことになり高額利用ができるようになっていきます。

審査では年収などを考慮して必ずしも希望通りになるとは限らない

どこのカードローンでも同じですがオリックス銀行カードローンも利用限度額からコースを選択して申込みを行っても、そのまま希望通りの金額が借入れできるとは限りません。

実際に利用できる金額と言うのは審査で信用や年収を考慮してオリックス銀行のほうが決めることになります。

ですから自分の返済能力からかけ離れたような利用額のコースを希望して申し込んだとしても、結局審査を通すことによってオリックス銀行が判断する適正な利用額になるということです。

具体的には借入れ額が大きいほど良いと判断して800万円コースを希望して申し込んだとしても、実際には100万円未満の借入しかできないという場合も有るわけです。

特にオリックス銀行とはお付き合いが初めてというような場合には、オリックス銀行の信用評価はゼロですから、どんなに大きな金額のコースを希望したとしても、まず借入れできる枠は100万円未満ということになるでしょう。

ここから考えれば、申込みでは自分の希望を書いても良いですが、やはり自分の年収から考えて現実的なコースを選ぶことを勧めます。

利用にあたっては審査で利用限度額が決まる

カードローンに限らず金融機関とのお付き合いで重要になるのは信用です。したがってカードローンでも決められた利用限度額内で適正な利用をすることが信用を育てる基本ということを忘れない様にしましょう。

特に最初に設定される金額は希望額とはかけ離れていて、いらいらすることも有るかもしれませんが、そこが我慢のしどころで、少額でも上手に利用することを心がけましょう。

最初から大きな金額が借り入れできると、借り方がわからず無意味な借り入れを繰り返してしまうことも有るので、最初は少額で借り方をトレーニングすると考えれば良いのです。

利用限度額は増額してもらうことができる

ただ低額の利用限度額が決められたとしても、それで諦める必要はありません。

カードローンと言うのは信用が上がれば、それに見合う金額に増額してもらうことができます。

信用の評価はそれぞれの利用者の利用状況によって違い、増額できる時期というのは同じ時期に利用を始めたとしてもそれぞれ違ってくるものです。

多くの場合にはだいたい6か月程度で見直し条件をクリアして見直されているようですから、最初は少額だったとしても、あまりそんなことにはこだわらず、適正利用を続けて、増額条件を満たせるようにしましょう。

ただし増額するには再度審査を受ける必要が有り、また増額審査に通ったとしてもいきなり大きな金額に増額される訳ではなく、6か月程度ごとに徐々に大きな金額に増額されていくことになります。

またいくら銀行であって総量規制が無いとは言っても、年収に見合わないような高額の利用枠にはなりません。銀行の場合には3分の1という制限はありませんが、概ね年収の2分の1程度が借入枠の上限になります。

したがって幾ら信用が大きくなっても年収が300万円の場合には利用限度額は150万円程度が上限ということになる訳です。

そう考えれば利用限度額の最大額である800万円になるためには年収は1600万円ほどなければならないことになり、利用枠を増やすにも信用とともに年収も増やさなければならないことが良く分りますね。

利用限度額の増額
利用限度額の増額にはある程度の頻度でカードローンを利用して、概ね6か月程度で増額の案内を出すカードローンが多いようです。ただし最近ではこの期間が長くなる傾向が有って長い場合には1年程度かかるものがあります。

信用評価が条件をクリアしている場合には通常ATMを利用するときに案内が出たり、インターネットバンキングを利用する際に案内が出て、その案内に従って増額を申込む事ができるようになっている場合が多いようです。

注意が必要なのは案内が有ったからと言って審査に通るということではなく、場合によっては断られる場合も有るので、申込みは自分で時機を見て行うようにしましょう。

利用限度額と金利の関係とは?審査での評価も加味される!

利用限度額と密接に関係してくるのが金利です。もともと金利というのは信用によって決まり、信用が大きくなればなるほど低金利で借りることができるようになります。

しかしカードローンの場合にはそもそも利用限度額が信用評価によって決まるため、金利は利用限度額ごとに決められるようになっています。

オリックス銀行カードローンの場合には利用限度額のコース毎に金利がある程度の幅を持たせて決められていて、この幅の中で審査により実際に適用される金利が決められます。

したがって、通常のカードローンでは最初は信用が低いため利用限度額は少額になり、金利は最高金利が適用されますが、オリックス銀行カードローンの場合には幅が有るため必ずしも最高金利になるとは限りません。

金利はコースごとに決まりいくらかの幅が持たせられている

オリックス銀行カードローンの申込みでは800万円まで10段階のコースに分かれていることは説明しました、その時に表の中に示しておいた金利について思い出してください。

これは各コース毎に適用される金利です。他のカードローンの場合やはり利用限度額は段階的に区切られ、それぞれに当て嵌まる金利が設定されていますが、オリックス銀行カードローンのように幅を持たせている例は少なくなっています。

しかもオリックス銀行カードローンの各コースの金利幅はかなり大きく同じ100万円未満コースでも12.0%~17.8%というように5.8%という大きな幅が有るのは、大変珍しいと言って良いでしょう。

設定されている幅の中で審査で金利が決められる

利用限度額は先ほど説明したように希望するコースを選んで申込みを行いますが、実際の利用限度額は審査によって決められることになります。

したがって金利もこの実際の利用限度額が入るコースに指定される金利幅の中でやはり審査で決定されることになります。審査で重視されるのはやはり信用で、信用が高ければこの幅内で低い金利になり、信用が低ければ高い金利になります。

先ほど説明したように金利幅はかなり大きいので、同じ利用限度額が設定されたとしても、利用者によって、金利は大きな差が出る可能性が有ることになります。

初めて利用する場合も最大金利とは限らない

金利は信用によって決まると説明しましたが、他のカードローンを考えれば、利用開始時には信用が低いため利用限度額は少額で、適用される金利は最大金利というのが普通です。これは少額の利用限度額には最大金利が設定されている為です。

これに対してオリックス銀行カードローンの場合には利用限度額が少額になっても、表に示したように金利には幅があるため、適用される金利は最大金利になるとは限りません。

例えばオリックス銀行カードローンの場合カードローンには珍しく保証会社が2社あり、1つ目の審査が落ちたら2つ目の保証会社の審査を受け、そちらの審査に通れば利用することができます。

しかし信用という点から評価すれば明らかに2度の審査を受けた人のほうが低いと評価されるでしょう。

そういった場合、同じように低い利用限度額になっていたとしても、金利では評価が変わり1度の審査で通った人のほうが低くなるはずです。

ただしオリックス銀行カードローンの場合、最高金利は他の銀行のカードローンよりも高く消費者金融に近い数字を付けていますので、選ぶ場合にはその点には注意しなければなりません。

預金金利
以前は大口定期以外の金利は横並びで、銀行が自由に設定することはできませんでしたが、金融自由化で、預金金利は銀行が自由に設定することができるようになりました。

ただし、メガバンクを含む都市銀行では、ほとんど違いは無く、不況下では非常に低金利で、預けるのが嫌になりましたが、地方銀行やネット銀行では、都市銀行の何倍もの金利を付けている場合があります。

ですから暫く預けるだけなのであれば、身近にある地方銀行や、イオン銀行のようなネット銀行を探してみると意外に良い金利が付いた定期預金を見つけることができるかもしれません。

利用限度額は増額していくもの!他社利用は信用を失う

他のカードローンでも同じですが、最初に与えられる利用限度額というのは希望よりもかなり少額になります。しかし利用限度額というのはそれで終わりということではなくて増額することができます。

増額するためには改めて審査を受けることが必要になりますが、特別な審査ではなくて、申込時と同じ審査ですから、信用の評価が上がっていれば、利用限度額も高額になることになります。

ただし増額審査とはいっても、信用の評価が下がっていれば利用限度額は減額になるため、他社のカードローンの利用を始めるというような信用を下げるようなことは止めましょう。

低い利用限度額になっても増額ができる

利用限度額が低くて悲観している人もいるかもしれませんが、利用限度額というのは増額できます。多くのカードローンでそうですが、信用の評価が上がれば利用出来る金額は増額されていくのです。

カードローンの場合最初に設定される利用限度額は思った以上に少額です。これは金融機関のほうが始めて利用する利用者はまだ信用することができないため、まずは少額にしておいてお試しで利用してもらおうとしているのです。

そして、利用状況を見て、借りたお金はしっかり返済してくれるということが分ったところで、もっと大きな利用限度額を設定して本格的に利用をしてもらおうとするわけです。

このため多くのカードローンで利用限度額を増額するための仕掛けが用意されています。オリックス銀行カードローンもやはり半年程度利用を続けていれば利用限度額の増額が可能になります。

増額ができるのであればしたほうがお得
自分は利用額が少ないから別に利用限度額の増額は必要ないという人がいますが、同じ金額の借入でも増額したほうがお得だということは忘れてはいけません。

これは利用限度額が増額された場合、それに伴って金利も見直され、低い設定になるからです。同じ金額を借りる場合当然金利が低いほうが利息は少なくなります。

したがって、増額が可能であれば、増額してしまったほうが良いのです。ただし、もし審査の結果減額されれば、それに伴って金利は高くなる可能性が有るので、そういった危険が有る場合には、増額の申込みは見合わせたほうが良いでしょう。

増額審査では信用が上がっていれば評価が上がる

ただし、どのカードローンでも同じですが、増額してもらうには増額審査と言う審査を受ける必要が有ります。

この審査の内容は、申込時の審査と変わらず、同じ審査で信用評価が上がっていれば利用限度額が上がるということです。

ただし信用というものは急激に上がるというものではなく、少しづつ上がっていくものですから、増額も何度も繰り返して徐々に上げていくものだと理解してください。

先ほど増額には6か月程度利用を続ける必要が有ることを説明しましたが、2回目以降の増額についても、やはりほぼ6か月程度適正な利用を続けることによって信用が増額できる程度に上がっていくことになります。

信用の評価によっては減額になる場合も有る

ただし審査ですから、必ず通るということにはなりません。増額を希望したとしても、増額できず据置という場合も当然あります。そういう場合にはさらに期間をおいて利用を続けて再度増額審査を受けることになります。

注意が必要なのは、信用評価というのは上がるだけとは限りません。増額審査で信用が申込時よりも下がっていると評価された場合にはどうなるでしょうか。

その場合には利用限度額は増額どころか減額されることも有ります。増額のための審査だろうと言われそうですが、そうではありません。増額審査とはいっても、再度評価をし直すという意味しかありません。

増額になるか減額になるかは、審査結果次第ということです。例えば利用には問題が無かったが、オリックス銀行が嫌うことをしていたら評価は下がってしまいます。

例えばオリックス銀行カードローンの利用中に他社のカードローンの利用も始めたとしたら、返済能力はその分削がれてしまうことになります。そうするとその分審査での評価は下がってしまい、利用限度額の減額に繋がります。

オリックス銀行カードローンで設定された利用限度額が気に入らず、安易に他社にも手を出したら、増額もできず、減額されて金利も高くなる可能性もあるのです。

そうなると増額して金利が低くなった場合に比べて、同じ金額を借入れしたとしても、その都度損をしているということになります。将来的なことを考えれば起きな損失になってしまうでしょう。

カードローンを利用する際にはそういった点についても良く考えながら利用しなければならないことを忘れてはいけません。

他社利用は嫌われる
インターネット上の記事を見ていると、利用限度額が低い場合には他社のカードローンも利用すれば良いというよに他社利用を勧めるような記述を見掛けますがこれは間違いです。

本文では他社利用をするとその分返済能力が下がって評価が下がると説明していますが、実際にはそれだけではなく、他社利用そのものが大きく嫌らわれ信用評価にも影響してしまいます。

例えば既に他社利用をしていて、別のカードローンを申込む事を考えてみると、金融機関によってはそれだけで審査に落とすところも有ります。

多くの場合は、それでも3社目程度までは許容しますが4社目ぐらいになると、もう審査には通りません。

もし他社利用をする場合には、将来の信用評価に大きく影響するということを忘れないようにして下さい。

ここでオリックス銀行カードローンの利用限度額について纏めておきます。

  • オリックス銀行カードローンは利用限度額を段階的にコースに分け申込みは希望コースを指定して行う
  • 審査では信用や年収などによって判断し必ずしも希望通りの利用限度額にはならない
  • 利用限度額によって金利も決まるがある程度の幅が有り審査で決定される
  • 最初は希望通りの利用限度額が貰えなくても信用次第で増額してもらうことができる

利用限度額は多いほうが良いと考えるかもしれませんが、年収に見合った金額を希望するのが最も自然です。注意して申し込んでください。

トピックス
ページトップへ