オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > オリックス銀行カードローンは主婦も利用できる?専業主婦の扱いは?

オリックス銀行カードローンは主婦も利用できる?専業主婦の扱いは?

主婦がカードローンを申し込む場合、まず気にしなければならないのが申込条件を満たすかどうかです。主婦の場合パートなどで収入を得ている場合が多いですが、カードローンによってはパートでは申込めない場合が有ります。

オリックス銀行カードローンでは収入が有ることを前提にしていますが、主婦を排除はしていないので、収入の条件を満たしていれば主婦であっても申込みは可能ですが、主婦だからと言って特別扱いはありません。

ただし、専業主婦の場合には、収入が有りませんから申込条件を満たすことができず、また配偶者の収入枠を使う特例も無いため、オリックス銀行カードローンに申込むことは残念ながらできません。

一般的なカードローンの主婦の扱いとは?安定収入が鍵になる

カードローンにはそれぞれ申込条件が決められていて、これを満たしていないと、申込みはできません。この申込条件は各カードローン毎に決められていますが、共通している条件に年齢制限と安定収入が有ります。

またカードローンによっては職種についても条件が有りパートやアルバイトなど主婦によくある職種を排除している場合が有るため、主婦の申込みの大きな壁になっています。

また収入が少なく借入れできない主婦の場合でも、配偶者の収入の枠を利用して、主婦にも利用出来るようにしているカードローンも存在しています。

申込条件には安定収入が明記されている

一般的なカードローンの申込条件には概ね次の2点が共通して入っています。

  • 年齢制限(20歳以上で上限は65歳程度から70歳程度が一般的)
  • 収入制限(安定収入が有ること)

収入については特に安定と明記されていますから、次の要件を満たしている必要が有ります。

  • 一定以上の年収
  • 安定した月収

カードローンは通常月々返済して行くものですから、月収が安定していなければ、返済に窮する可能性が出てくる可能性が有るため、このような申込条件が入っているわけです。

したがって、ある程度の年収が有ったとしても、月々の収入が安定していない場合には、申込めないことも出てきます。

パートやアルバイトを排除している場合が有る

カードローンの中には、ある程度の安定収入が有ったとしても、パートやアルバイトと言った職種の場合には申込みができないとしていることが有ります。

これはこれ等の職種の場合、正社員などとは違い、金融機関が収入の安定性に疑問を持っている為です。主婦の多くは家事の傍らでこういったパートやアルバイトで収入を得ている場合が多く、カードローン選びに苦労することが有ります。

こういった制限はやはり申込条件の中に、但し書きとして記載されますから、申込条件を確認する場合には但し書きを含めてよく確認しなければなりません。

配偶者に収入が有れば借入れできるとしている場合が有る

それでもある程度の収入が有れば借入れできるカードローンはあります。しかし収入が非常に少なかったり、専業主婦のように収入が無い場合には申込条件を満たせず、申込みはできません。

そこでこういった人向けに一部のカードローンでは配偶者に安定収入が有れば、配偶者の了解の上で申し込みができるとしています。これによって収入の無い専業主婦でも融資が受けられる可能性が出てきます。

ただし、この場合も設定される利用限度額は他の利用者とは違い50万円までとしているところがほとんどで、やはりある程度の収入が無ければ、大きなお金を借りるのは無理ということになります。

総量規制はなぜできたのか
消費者金融の場合、現在では貸金業法の総量規制というものが有り年収の3分の1が融資上限になっています。これは直近の法改正で加えられたものです。

この規定ができる前は、収入が無くても資産状況などによっては融資を受けることができました。このため専業主婦でも、借入れができていたのです。

しかし、当時こうして借りたお金で、買い物を続けてしまったり、パチンコに費やしたりする人が増えてしまい、それが止められなくなって依存症に陥ることもあって社会問題になってしまいました。

しかも収入が無い訳ですから、返済に窮する人も出てきて、こちらも社会問題になり、これがもとになって収入が無ければ融資ができないという規定を貸金業法に設けることになったわけです。

ただし現在の既定では、1社あたり50万円まで、他社を含めて100万円までは収入を問わず融資でき、専業主婦の場合は、配偶者の了解が有れば、配偶者と合計で配偶者の年収の3分の1まで融資できることになっています。

銀行には総量規制は無い
銀行は貸金業ではないため貸金業法は適用されず、総量規制はありません。したがって法律的には収入が無かったとしても融資することができます。しかしもちろんそんな融資を銀行が行うはずが有りません。

法的な規制はありませんが、各銀行には審査基準が有って、この中で融資するかどうかが決まります。総量規制では年収の3分の1までとなっていますが、銀行では多くの場合概ね年収の半分程度までとされています。

しかしやはり収入が無ければ、融資をしてくれるような銀行はありません。ただし総量規制の既定を真似て配偶者の枠を利用することで融資を可能にしている場合はあります。しかし上限は概ね50万円に抑えられています。

オリックス銀行カードローンの主婦の扱いは?特に区別無し!

オリックス銀行の場合もやはり申込条件が有り、他のカードローンと同じように安定収入の有ることが条件になっています。またパートやアルバイトも特に排除するような条件は入っていません。

したがって主婦も申込条件さえ満たしていれば申込めますから、諦める必要はありません。ある程度の年収が有って、月々安定した収入が有れば申込みを行うことができます。

ただし、主婦や収入の少ない女性向に作られたレディスローンのように女性に配慮が有るわけではありませんので、申込みができたとしても審査に通るかどうかは分りません。

オリックス銀行の場合も安定収入が前提

次にオリックス銀行カードローンはどういった人が申込めるのかを確認しておきましょう。オリックス銀行カードローンの申込条件は次のようになっています。

以下のすべての条件を満たす人

  • 20歳以上69歳未満
  • 原則、安定収入のある人
  • 日本国内在住
  • 保証会社の保証が受けられる人

これによれば特に性別による制限はありませんので主婦であっても申込むことができます。

ただし、オリックス銀行カードローンも安定収入を要求していますから、他のカードローンと同じく、一定以上の年収と、安定した収入が無ければ審査通過は難しいでしょう。

主婦について特に排除する規定はない

また、特に但し書きは有りませんから、一部のカードローンのようにパートやアルバイトで収入を得ているような場合でも、申込みを断られるようなことは有りません。

もちろんある程度の年収が無ければ審査は通りませんので、あまりに少ない年収の場合には審査は厳しいかもしれません。

どの程度の年収が必要なのかと言われるかもしれませんが、その点は公表されていません。以前は200万円の壁というものが有って年収200万円を割ると審査は通らないと言われました。

現在ではデフレが進んで収入が減ってしまった状況ですから、もう少し少額であっても審査は通しているようです。

主婦でも特に区別することは無い

このようにオリックス銀行カードローンでは条件的に主婦を締め出してしまうような規定はありません。ただしこれは裏を返せば、主婦であろうと特に特別には扱わないということです。

他の金融機関の場合通常のカードローンの他にレディスローンといって女性に配慮した借り易い商品も有りますが、オリックス銀行カードローンにはそういった配慮はありませんので、主婦であっても同じ審査が行われます。

同じ条件で審査され、審査が通って利用する場合も、他の人と同じ条件で借入れと返済を行うことになります。

主婦にとっては申込めることは良いですが、利用上は厳しい時も有るかもしれません。

レディスローン
レディスローンというのは目的が2つあって、1つは収入などの条件的に一般向けのカードローンの審査通過が難しい女性向けに、審査基準を下げて通過しやすいようにすることです。

ただし、審査が甘くなることで利用限度額は一般向けに比べて低く抑えられており、将来的に金利が高いままになってしまいます。

もう1つは、以前は消費者金融がサラ金のイメージを引きずっていて女性には入りにくいにもかかわらず、申込みが店舗中心で窓口や店頭の自動契約機で行われていたため、女性の利用者数が伸びませんでした。

そこで女性向けのおしゃれな店舗を作って女性スタッフだけにしたりして、女性向けのローンを提供することで女性の利用者数を伸ばすことを目的としています。

専業主婦は借りられるの?配偶者の収入が有っても難しい!

主婦と言っても、最もお金を借り難いのが収入の無い専業主婦で、各カードローンで扱いが違っています。オリックス銀行カードローンでは申込条件に安定収入が有ることと有るだけになっています。

このため他のカードローンにあるような配偶者の収入枠を使えば専業主婦でも借入れできるというような特例は有りません。ですから、専業主婦にはオリックス銀行カードローンの利用はできないということになります。

もしどうしてもお金が必要ということであれば、まず安定収入と判断される程度にパートあるいはアルバイトを行う必要が有ります。

収入が無ければ申込みはできない

オリックス銀行カードローンは年齢を満たし安定した収入が有れば、特に区別なく申込めて主婦でも利用が可能ですが、逆に考えれば収入が無ければ申込めないということになります。

このため無職で収入が無い人の場合には申込むことができませんし、収入が有ったとしても安定していないというような人も申込みはできません。

もちろん専業主婦の場合には、家計を任されていて自分の判断で使えるお金が有るとはいえ自分には収入が無い訳ですから、オリックス銀行カードローンの申込みをすることができません。

配偶者に収入が有っても専業主婦に対する特例は無い

他のカードローンでは配偶者に収入が有れば特例として専業主婦でも申込みができるという条件が有る場合が有りますが、残念ながらオリックス銀行カードローンにはそういった特例が有りません。

専業主婦は生活の中心にいて家計を握っている為、ネット銀行の中には専業主婦にも貸すというところはあるのですが、オリックス銀行カードローンでは専業主婦が利用出来る道は完全に閉ざされてしまっています。

したがって、借入れしたいというのであれば、専業主婦でも貸してくれるか配偶者の収入を前提に貸してくれるというカードローンを探さなければならないということになります。

もしどうしてもオリックス銀行カードローンを利用したいという場合には、収入のある配偶者が申込みをするというような方法しか取ることができません。

こういう場合には配偶者とよく話し合って、借入れをするのか、それとも借入れをしないで他の方法を考えるのか決める必要が有ります。

配偶者の枠を利用出来るのは一部のカードローンだけ
専業主婦への融資は法的に言えば消費者金融やクレジットカード会社の場合では貸金業法の総量規制があっても、配偶者の了解が有れば、配偶者の収入枠が利用でき、融資が規制されるわけではありません。

銀行ではそもそも規制する法律が有りませんから、融資をしてもかまわないわけですが、実際には消費者金融も銀行も専業主婦に融資するところは一部だけに止まっています。

したがって専業主婦が借り入れを考える場合には、まず時間をかけて配偶者枠を利用出来るカードローンを探す必要が有ります。

またネット銀行の一部には申込条件で安定収入がある人及び専業主婦としている場合が有り、この条件であれば配偶者枠を利用しなくても専業主婦の利用も可能になります。

借入れするためにはまずパートなどで収入を得ることが必要

専業主婦が借り入れを考える場合には、すぐにカードローンを借りるのではなく、返済するときのことを考えて、まず最初に収入を得る方法を考えなければなりません。

例えばパートを始めるのも一つの方法です。パートはフルタイムで働けない人向けの良い働き方の一つです。最初は短時間でもよいのでまず始めてみましょう。

そうすれば収入が発生しますから、安定収入という条件を満たすことができます。もちろんあまりに短時間では審査には通らないでしょうが、それでも収入が発生しているので、そもそも借入れの必要性も無くなるかもしれません。

専業主婦がパートを始めるのはなかなか難しいかもしれませんが、カードローンを申込みたいと考えたということはお金が必要ということです。ですから、そこで考えを変えて借りるのではなく稼ぐという方向に進んでみることも必要です。

パートやアルバイトでの注意
パートやアルバイトなどは色々な契約形態が有ると思われますが、契約形態によっては審査での評価対象にならず、カードローンの利用ができませんので注意が必要です。

こういった臨時雇用の場合、長期契約する場合と短期契約する場合が有って、評価の対象になるのは長期契約して月々収入が入ってくる形態の雇用契約をする必要が有ります。

ローンの返済というのは月々少しづつ行っていくものですから、月々収入が有ることが評価の基本です。ですから申込条件にも安定収入と明記されているわけです。

そこでパートなりアルバイトをする場合には、長期契約をして、一般の社員と同じように月給として収入を受け取る形の働き方を選ぶように十分気を付けてください。

収入が少ない場合の借入れには要注意!返済の可能性を見極めよう

主婦は正社員という人は少なくパートやアルバイトという形で収入を得ている場合が多いため、どうしても正社員などに比べれば収入は少なくなってしまいます。

ローンを借りる際には借入れだけを考える人もいますが、先々の返済についても考える必要が有ります。特に収入の少ない主婦の場合には、まず借入れ前に自分が返済して行けるかどうかを見極める必要が有ります。

また忘れてはいけないのは、自分では返済できなくなった場合にはすぐに相談する必要が有るため、配偶者の人との情報共有しておくことです。カードローンを利用することや利用額について話しておきましょう。

ローンは借入れだけでは終わらない

ローンの借り入れを考える様なときには、切羽詰まっていて借入れのことばかりを考えてしまうことが有りますが、ローンと言うのは借入れだけで終わるものではありません。重要なのは借入れ後と言っても良いでしょう。

借りたお金というのは、所定の利息を付けて返さなければならないのです。しかも借入れは一瞬ですが、返済は長期にわたって続きます。途中で止めたということはできません。

したがってローンを借りる場合には返し終わる所までを考えたうえで借り入れをしなければなりません。オリックス銀行カードローンの審査に通ったとしても、それで返済できる保証はないということをよく念頭において下さい。

返済できるかどうか見極めてから借り入れを考えよう

そこで借入れの前にやっておきたいのが、自分が返済できるのかどうかを見極めておくことです。主婦であれば家計簿は当然つけているでしょうからこれを使います。

できれば1年程度前から月々の収支を計算して、カードローンの月々の返済額と比較してみてください。収支は次の数式で計算できます。

収支 = 収入 - 支出

次にこの収支が次の式を満たしているかどうかを確認します。

収支 ≧ 返済額

毎月この数式が成り立っていれば、今後も返済額を出す程度の収入は続くでしょうから返済は可能でしょう。しかし成り立たない月が有れば、返済中に返済に行き詰ってしまう可能性が有ります。

借入れをする場合には、さらに返済計画を作ってください。これは返済期間中の収支を予想して先ほどの式が成り立つのかを考えます。

家計簿からどの程度の支出が予想されるかはわかりますから、季節変動なども含めてできるだけ正確に予想しましょう。

もし返済できそうにない月が有る場合には、支出項目を見直して支出を減らすことを考えます。要するに節約できる部分を探すのです。

このようにして、実際に返済できる返済計画を作って、返済中はこの返済計画に則って返済を行います。

また返済中は常に状況を判断して計画を見直し、返済できる計画に保つことが重要になります。

配偶者との情報共有も重要

もう一つ重要なのは、お金を借りる際には、配偶者と情報を共有するということです。特にパートやアルバイトという場合には、収入はそれほど多いとは言えません。

したがって、場合によっては、いくら返済計画を練っていたと言っても返済に行き詰ってしまうことは無いとは言えません。そういった場合には、配偶者の人から支援してもらうしか方法は無いでしょう。

その時に初めてカードローンを利用していることを打ち明けるというのでは、後々しこりが残るでしょう。そういったことが無いためにも、カードローンを利用するということは隠しておくべきではありません。

何についてもそうですが情報を共有するということは将来を考えれば必要なことと言って良いのです。

もしどうしても言えないようなお金であれば、返済に行き詰った時に、別から借入れをする必要が有り、そういった時に相手にしてくれるのはもはや闇金くらいしかないかもしれません。

そんなことになったら、いつか嫌でも配偶者の人に分ってしまうことになります。最初からオープンにしておくのが最も良い方法です。

闇金
闇金というのは要するに法律は無視して、正規の金融業者登録をせずに、高い金利で融資し、返済できない時は厳しい取り立てを行って回収する業者を指した総称です。

現在では法律の締め付けが厳しく、闇金も一見法律に抵触しないような貸付をしているような場合も有り、日々手口を変えて騙そうとしています。

このため金融業者を利用する場合には、金融庁の貸金業データベースを検索して、その業者が正規に登録されている業者かどうか必ず確認する必要が有ります。

もしそういった業者を利用してしまったら、なるべく早く返済してお付き合いを切ることが大切です。もし厳しい取り立てが行われるような場合にはすぐに警察に相談するようにして下さい。

ここでオリックス銀行カードローンの主婦の利用について纏めておきます。

  • カードローンの利用は安定収入が重要
  • オリックス銀行カードローンは主婦でも区別はしない
  • 専業主婦は安定収入が無いので借入れは難しい
  • 借入れは返済までを見通して行う必要が有る

オリックス銀行カードローンは主婦でも借り入れできますが、収入が少ない場合にはできるだけ借入れを少なくして返済が重くならないように注意しましょう。

トピックス
ページトップへ