オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > オリックス銀行カードローンの利息の利率は?金利の決まり方に注目!

オリックス銀行カードローンの利息の利率は?金利の決まり方に注目!

カードローンで利用者に適用になる金利は、実際には利用限度額に応じて決まっており、利用限度額は信用で決まります。ですから初めて利用する場合には信用がまだ小さいため、利用限度額は小さく金利は最大になります。

ところがオリックス銀行カードローンでは利用限度額を何段かに分けて、それぞれの金利に幅を持たせているため、利用限度額は小さくなっても、審査次第では最高金利にはならない可能性が有るのです。

ただしオリックス銀行の場合には銀行にしては金利が高い設定のため、最高金利ではなかったとしても、他の銀行のカードローンよりも金利が高くなってしまう場合も有り注意しなければなりません。

カードローンの金利は利用限度額で決まる!通常最初は最高金利になる

通常ローンの金利というのは借り手の信用によって決まります。信用が大きければ低い金利で、信用が小さければ高い金利で借りることになります。

しかしカードローンでは利用限度額がそもそも信用によって決まりますから、金利は利用限度額に応じて決っているのが普通で利用限度額を段階的に区切ってそれぞれに金利が割り当てられています。

このためカードローンの利用初めというのはまだ利用者と金融機関の間の信用はゼロですから、収入にもよりますが利用限度額は非常に低額になり、それに伴って金利は最高金利になるのが普通です。

カードローンの利用限度額と金利の関係

カードローンが出現する前はローンというのは前もって融資を受ける金額は決っていて、一気に全額が融資されます。このため適用される金利は借入れする段階で審査を受け借り手の信用によって決まります。

しかしカードローンは借入れと返済を繰り返せば幾らでも借りることができます。このためカードローンは借入れできる限度額が決められることになります。

カードローンではこの利用限度額が利用者の信用によって審査で決められることになります。

このため利用限度額も金利も信用で決まることになり、自然にこの2つは連動するようになります。

ですから殆どの場合、利用限度額が決まれば、それに合わせる形で、金利も決まります。カードローンによっては説明資料の中で利用限度額に対する金利が明記されている場合も有ります。

利用限度額は信用によって決まる

この利用限度額は説明したように金融機関と借り手との間の信用によって決まり、信用と利用限度額と金利の間には次のような関係が有ります。

信用 利用限度額 金利
高額



少額

つまり信用が大きくなればなるほど低い金利で高額な利用ができるようになります。

もちろん幾ら信用が大きくなっても収入による上限はありますから、なかなか思うように利用限度額が伸びない場合も有りますが、基本的にはこのような関係が有るということです。

利用初めの金利は通常最高金利になる

では金融機関との信用というのはどういったものでしょうか。よく自分は高収入なので、信用も大きいはずだという人がいますが、信用というものはそういうものではありません。

金融機関との間の信用というのは、お付き合いの度合いで決まります。銀行で言えば口座を開設して給与を振り込んだり、いろいろな引落しなどに利用したりすることによって信用が上がっていきます。

またローンでも借入れして、しっかり返済すれば、それによっても信用の評価は上がります。

しかし逆にいえば、そういったお付き合いが無く、カードローンで初めて利用するというような金融機関ということになると、信用はゼロから始めなければなりません。

このためカードローンを利用する場合、先ほどの表から考えれば利用限度額は少額で、金利は最大ということになります。

利用限度額は高額化
最近利用限度額の最高額が徐々に高額化してきています。以前は300万円程度が多く、大手金融機関が500万円程度、高額の場合800万円程度が最高額でした。

しかし最近では500万円程度を付けている場合が多く、大手金融機関になると800万円という場合が増えてきています。そして最高額になると1000万円という場合も有ります。

しかしそれだけ高額の利用が必要という場合、何らかの目的がある筈ですから、本来はより金利の低い目的別ローンを利用するべきで、高額化して目を引かせる目的以外に、あまり意味が有るようには思えません。

オリックス銀行カードローン金利の決め方は?通常とは異なるプロセス

オリックス銀行カードローンの場合も利用限度額と金利の関係は変わらず利用限度額を段階的に区切ってそれぞれに金利が割り当てられています。

この段階的に区切った利用限度額はオリックス銀行カードローンではコースと呼んでおり、金利はただ単に割り当てられているのではなく、それぞれのコースごとに幅が持たせられています。

したがって最も利用限度額が少ないコースであっても適用になる金利には幅が有るため、最初に適用される金利も、最高金利とは限らず、この点でも審査が反映されて利用者毎にこの幅の範囲内で違ってくることになります。

利用限度額と金利が関連しているのは同じ

この利用限度額と金利の関係はオリックス銀行カードローンにもあてはまり、最大800万円の利用限度額を10段階のコースに分けてそれぞれ金利が決められています。適用される金利は3.0%~17.8%です。

他のカードローンでは自分の希望する利用限度額を申告する場合が多いですが、オリックス銀行カードローンでは希望するコースを申告することになります。

もちろん審査が入りますから、申込時の希望通りの利用限度額になる保証はありません。

上限金利
金利には法律で決められた上限が存在しています。しかしこの上限金利を規定している法律が2つあるためややこしくなっています。

1つは出資法と言われるもので、最近まで29.2%で、改正されて現在20%になっています。もう1つは利息制限法で利用額によって15%~20%の範囲で決まっています。

カードローンの場合は利息制限法が適用になりますが、もし出資法を使っていた場合には行政処分の対象になります。

以前はこう言った決まりが無かったため、消費者金融が出資法を根拠に、利用者のほうが利息制限法を根拠にして裁判になることも有りましたが、貸金業法の改正で利息制限法のほうを使うことが決められました。

しかも過去にも利息制限法が適用されることになったために、消費者金融は利息を取り過ぎていたことになり、過払金として返還に応じなければならなくなりました。

各段階の金利には幅が有る

ここまでは他のカードローンとそう大きな違いが有るわけではありません。しかしこのオリックス銀行カードローンの利用限度額と金利の関係には他とは違う部分が有ります。

オリックス銀行カードローンの場合、各コースの金利には幅が有って、利用限度額が決まったとしても金利が自動的に決まるわけではなく、この金利幅の中で審査により利用者毎に金利が決められることになっているのです。

各コースの利用限度額と金利は次のようになります。

コース 利用限度額 金利
100万円未満 100万円未満 12.0%~17.8%
100万円 100万円 9.0%~14.8%
150万円 110万円~150万円 9.0%~14.8%
200万円 160万円~200万円 6.0%~12.8%
300万円 210万円~300万円 6.0%~12.8%
400万円 310万円~400万円 4.5%~8.8%
500万円 410万円~500万円 4.5%~8.8%
600万円 510万円~600万円 3.5%~5.8%
700万円 610万円~700万円 3.5%~5.8%
800万円 710万円~800万円 3.0%~4.8%

利用限度額は10万円単位で決められます。

つまり利用限度額が例えば800万円であっても金利は利用者によって3.0%~4.8%で変動するわけです。

利用初めでも最高金利とは限らない

そこで利用初めを考えてみることにしましょう。先ほどカードローンでは利用初めは最高金利になるという話をしましたが、オリックス銀行カードローンの場合には、そうとは限りません。

利用初めですから、信用度から判断して利用限度額は殆どの人が100万円未満ということになるでしょう。

しかし表から見て分かるように利用限度額が100万円未満の場合でも適用される金利は12.0%~17.8%と大きな幅が有ります。

したがって利用初めでも最大金利になるとは限らない訳です。

もちろん最初から12.0%になる人は少ないでしょうが、利用者によって少しづつ違いが生じる可能性が有ります。

またオリックス銀行カードローンの場合には保証会社が2社になっていて、1社で審査に落とされても2社目で通るという場合が出てきますので、1社目で通った人と2社目で通った人の間には金利の差が出てくることも予想されます。

オリックス銀行カードローンの金利は高め?他と比較してみよう

では金利が最高金利が適用になったとして、重要なのはそれが他のカードローンと比較して高いのか低いのかという点です。

オリックス銀行カードローンの場合の最高金利は17%を超えており、通常の銀行の14%台よりも、消費者金融の18%のほうに近く、銀行という点で比較すると、金利は高めの設定と言えるでしょう。

しかし、先ほど説明したようにローンというものは信用が低い人には金利が高くなるということを思い出してください。つまりオリックス銀行カードローンは他の銀行よりも信用が低い人でも借りられる可能性が有るということになります。

最高金利で比較するカードローンの金利

オリックス銀行カードローンの金利は説明したように3.0%から17.8%になります。申込み直後の場合に設定される金利は審査によって決まりますが、大抵の場合には最大金利に近くなるでしょう。

そこで考えておきたいのが、これはお得なのかどうかという点です。そこで他の金融機関と最大金利で比較してみたのが次の表です。

カードローン 最高金利
オリックス銀行カードローン 17.8%
他の銀行カードローン 14%台
消費者金融 18%

他の銀行の場合、概ね15%までに収まっています。消費者金融の場合には概ね最大18%となっていて、銀行と消費者金融では3%強の差が有ります。

ですから信用から考えれば、銀行では貸せないような人でも、金利が高い分、消費者金融では貸せる人もいるということになります。

金利と金融機関の関係
本文でも説明したように信用が低い人ほど金利は高くなります。そこで金融機関のカードローンやキャッシングローンの最高金利を比較すると、銀行が14%台、大手消費者金融が18%、中小の場合には20%という場合も有ります。

つまり経営規模が小規模になるにしたがってリスクの大きい人にも貸さなければ利用者を確保できないということを表しています。

もし20%の業者でも貸せないという場合には、非合法になってしまいますが、さらに金利の高い闇金業者が存在しています。ただしそういった業者は利用してはいけません。

オリックス銀行カードローンの金利は少々高め

これをみれば分りますが、オリックス銀行カードローンでは最大金利が他の銀行に比べると高くなっています。数字から見ればオリックス銀行カードローンの金利は消費者金融に近いと言って良いかもしれません。

審査次第ですが最初に設定される金利が14%台であればだいたい他の銀行と同程度になり、金利的に考えれば損にはなりませんが、それより大きい場合には利息は他の銀行に比べて割高ということになります。

申込みを考える場合には、このあたりをどう考えるかによって変わってきます。多少金利が高くなる可能性が有ってもオリックス銀行を利用する価値が有るかどうかをよく考えてみることが必要でしょう。

割高で助かる利用者もいる

金利が高くなる可能性が有るということは、オリックス銀行でも消費者金融と同じことが言えます。信用が低い場合には金利は高くなるということを思い出してください。

逆に言えば信用が低い人でも高い金利を受け入れ、割高の利息を覚悟すれば、借り入れできる可能性が有るということです。

ですから他の銀行では信用的に無理という場合でもオリックス銀行カードローンなら審査に通るかもしれない訳です。

もちろん借り入れできる可能性が有るからと言って、無理な借り入れをするのは問題が大きいですが、審査に通るか通らないかという観点で考えた場合、オリックス銀行カードローンは通る可能性は他よりも高いと言えるでしょう。

金利が高めの時のカードローンの利用方法とは!利息は節約できる?

しかし金利が割高ということは少し気になるという人は多いでしょう。でも注意しなければならないのは金利というよりも利息で、利息が高くなるのを気にすべきでしょう。

利息というのは金利だけでは決まらず、借入れ元本や借入期間によっても大きく違ってくるものです。つまり高い金利でも利息を減らせる可能性は有るのです。

したがって利息を減らすのであれば、元本は同じとしても金利と借入期間を考慮する必要が有り、金利が高い場合に有利に利用するためには、この両方を考えて利用方法を工夫することが必要です。

利息は必ずしも金利で決まるわけではない

金利が高いということはどういうことでしょうか。金利が高いということは利息が高いということだろうと短絡的に考える人もいますが、そうとも言えません。利息というのは次の式で計算されます。

利息 = 元本 × 金利 × 借入期間

式をみれば分りますが、利息に関係するのは金利だけではありません。元本と借入期間も同じように影響してくるのです。

この3つの関係を考えて上手に利用すれば金利が高くてもそれをカバーすることが可能なのです。

オリックス銀行カードローンを利用する場合にも、こういった関係を考慮して利用方法を工夫すれば金利が高くても有利に利用できるかもしれません。

高い金利でも利息を減らすことはできる

そこで利息を減らす方法を考えてみましょう。金利が変えられないとすると、方法としては次の2つの方法が考えられます。

  • 元本を減らす
  • 借入期間を短縮する

そこで具体的に考えてみましょう。月に5万円の借入れが必要でどうしても減らすことができないとします。もちろん利用目的は様々で必要な時期もばらばらだとしましょう。

そうすると借り方としては、最初に借りるときに一気に5万円を借りてしまう方法と、必要になった時に少しづつ借りる方法とどちらが良いかといえば、後者の方が借入期間が短くできるのでお得になります。

また借入期間を短縮する方法としては余分なお金ができた時に返済額を増やすという方法が考えられます。そうすると元本が減りますから返済期間の短縮にもつながります。

オリックス銀行カードローンでは返済日以外に随時返済することはできませんが、返済額を増額することはできます。それを利用すれば、このように利息を減らすことが可能なのです。

返済方法
通常のカードローンの返済方法には月々決まった日に返済する定期返済と、いつでも好きな時に返済できる随時返済の2種類が用意されています。

そこで利息を節約するためにはこの随時返済を利用して、定期返済の返済日を待たずに、返済してしまい、借入期間を短縮することができるようになっています。

オリックス銀行カードローンのように随時返済が無い場合には、借入れ時期に注意するしかないので、利息の節約を考える場合には他のカードローンよりもさらに工夫が必要になるでしょう。

常に有利な利用法を考えることが重要

このように有利な利用方法というのはいろいろと出てくるものです。重要なのは、借入れをすると言う時には常に有利な利用方法にはどういったものが有るかということを考えることです。

借り方を工夫しさえすれば、払う必要のないお金というものが有るのです。ですからお得に利用するためには、いつもそういったことを考えて返済して行くことが必要になります。

もちろん借金ですから、安易に利用するものではありませんし、できるだけ借入れを少額にするのは、当たりまえのことですが、知恵を巡らすのは返済でも同じ事なのです。

ここでオリックス銀行カードローンの金利について纏めておきます。

  • カードローンの金利は信用をもとにして利用限度額とともに決まり通常最初は最大金利になる
  • オリックス銀行カードローンは利用限度額に対して金利に幅が有り最初でも最大金利にはならない場合も有る
  • オリックス銀行カードローンの金利は他の銀行に比べると高めの設定になっている
  • 金利が高い場合には利用方法を工夫することでお得な利用も可能になる

オリックス銀行カードローンは審査は甘いと言われますが、金利は多少高めになるため、利用方法に気を付けて有利な利用を心がけましょう。

トピックス
ページトップへ