オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > オリックス銀行の窓口はメンバーズナビ?暗証番号を使ってログイン!

オリックス銀行の窓口はメンバーズナビ?暗証番号を使ってログイン!

オリックス銀行は徹底したネット銀行で店舗が無く窓口のATMも有りません。したがってオリックス銀行との取引はすべてインターネット上で行われることになります。

ネット上で銀行を利用する場合にはインターネットバンキングと言って、利用者ごとにログインして利用する専用ページが用意され、ここが窓口の役割を果たします。

オリックス銀行にもメンバーズナビと呼ばれるインターネットバンキングが用意されていて、利用者には暗証番号が設定され、このメンバーズナビを通じてオリックス銀行との取引を行うことになります。

カードローンの融資も提携ATMを利用する場合の他、このメンバーズナビから銀行振込を依頼することができます。

オリックス銀行の特徴とは?窓口もATMもキャッシュカードもない

オリックス銀行と言われれば、まず店舗を思い浮かべようとするかもしれませんが、たぶん身近には無いと思い至るでしょう。それもそのはず、実はオリックス銀行には店舗が有りません。いわゆるネット銀行と言われるものです。

オリックス銀行は実は店舗が無いだけではなくATMも無ければキャッシュカードも無い、他の銀行に比べて、かなり変わった銀行で、徹底してインターネットを利用するようになっています。

このためオリックス銀行と利用者との間の取引は、すべてパソコンやスマートフォンを通じて、インターネット上で行われることになっています。

実店舗が無いので窓口が無い

銀行を利用する場合、思い浮かべるのは店舗の窓口あるいは店舗やキャッシュコーナー等に設置されているATMでしょう。つまり銀行と言えば店舗が各地に有って利用できる環境になっているのが常識です。

しかし最近になってこういった銀行の常識を覆すような銀行が出現してきています。オリックス銀行もその一つで、この銀行には店舗というものが有りません。

したがって他の銀行であれば店舗に行って窓口で様々な取引を行うことになるのに、オリックス銀行はそういう窓口が有りません。

最近ではインターネットが発達してきたため、これを利用することによって新たな銀行が設立されてきており、店舗を持たないオリックス銀行のようなネット銀行と呼ばれる銀行が増えてきています。

しかし、それでも少数の店舗を持っていたり、ATMを設置している場合が多い中、オリックス銀行は徹底してインターネットに拘っており、大変ユニークな存在になっています。

自前のATMがなくそもそもキャッシュカードが無い

それでもATMは有るんだろうと考える人がいるかもしれませんが、オリックス銀行にはATMもありません。それどころか、他の銀行では取引の基本ともいえるキャッシュカードすら存在しないのです。

つまりオリックス銀行はキャッシュカードを使ってATMから預金を引き出すということがそもそもありません。しかしその分設備投資の必要が無く、預金金利等は他では考えられないような高金利になっています。

つまり銀行の使い勝手としてはあまり良いとはいえそうも有りませんが、長期間にわたって預けるというような場合には大変良い銀行と言えるかもしれません。

オリックス銀行の定期預金金利
オリックス銀行は店舗やATMなどの設置費用が掛かりませんし、メンテナンス費用も掛からず、そこに配置する人員の人件費もかかりません。したがって非常に安価に銀行業務が行われているものと考えられます。

その浮いた費用をどうしているのかと言うと、目に見える部分では利用者の預金金利に現れています。メガバンクなどの定期預金の場合金利が0.01%と非常に低くなっている中、オリックス銀行の場合0.20%と実に20倍になっています。

金利というのは以前は1000万円未満の場合自由につけることができず横並びでしたが、金融自由化が行われ各銀行の裁量で決めることができるようになり、オリックス銀行のように特徴を出すことができるようになりました。

したがって、オリックス銀行は長期にわたって利用目的が無いようなお金を預けるには非常に良い銀行だと考えることができます。

取引はネット上のみ

それにしても店舗も窓口もATMも無くてどうやって取引するのだと疑問に思う人も多いかもしれませんが、先ほど説明したようにオリックス銀行はネット銀行ですから、すべての取引は基本的にインターネット上で行います。

例えば預金する場合には他銀行からオリックス銀行の口座に振り込み、これを引き出す場合には、インターネット上から振込依頼をして、自分の口座に振り込んでもらうという方法を利用します。

このようにオリックス銀行ではインターネットを通じて取引を行うような仕掛けが用意されていて、何をするにもまずはパソコンあるいはスマートフォンを使って利用することが基本です。

店舗が無くても取引可能!オリックス銀行のメンバーズナビとは

店舗も無くてどうやって取引しているのかと疑問に思う人も多いかもしれませんが、ネット銀行というものは店舗の窓口に代わる仕掛けがインターネット上に用意されています。一般的に言えばインターネットバンキングと呼ばれます。

オリックス銀行でもホームページを見れば分りますが、このインターネットバンキングが用意されていて、オリックス銀行ではこれをメンバーズナビと呼んでいます。

利用者はこのメンバーズナビを開いて自分の暗証番号を使ってログインすることで、自分用のページを開き、案内に従って各種の取引を行うことができるようになっています。

ネット銀行の窓口はインターネットバンキング

ではネット銀行は実際にはどのように利用するのだと考え込んでしまうかもしれませんが、最近では一般の銀行でもインターネットの利用が進んでいるので、知っている人も多いはずです。

インターネット上には各銀行がインターネットバンキングと呼ばれるインターネット上の窓口を持っています。これを利用することによって、店舗の窓口と同じことを行えるようになっています。

オリックス銀行は実店舗の窓口はありませんが、このインターネットバンキングが用意されこれを通じて利用することができます。

オリックス銀行ではメンバーズナビと言う

このインターネットバンキングには各銀行でそれぞれ呼び方があり、オリックス銀行の場合にはメンバーズナビと呼んでいます。

各利用者はこのメンバーズナビを利用してオリックス銀行と取引を行います。

メンバーズナビを開くと銀行窓口で行うであろう取り引きがメニューとして用意されており、自分が利用したい取り引きを選択して利用することになります。

もちろん実店舗を持つ銀行のように対面での取り引きはできませんから、分らない部分は確認しなければならない面倒はありますが、大変分り易く作られていますので、操作に手間取るようなことはそう有ることではありません。

利用者毎にログインして利用する

メンバーズナビを利用する場合には、利用者毎にログインして本当にオリックス銀行の利用者であることを証明する必要が有ります。

ログインにはオリックス銀行側が発行するログインIDとログインパスワードと呼ばれる暗証番号が必要です。

この2つをログイン画面から入力することによって、ログインが完了してメンバーズナビのメニュー画面が表示されます。

当然ですが、このログインIDと暗証番号を他に漏らしてしまうと不正利用のもとになりますから、絶対に漏らさないようにしなければなりません。

ログインIDと暗証番号の管理
コンピューターに精通している人は、セキュリティー上ログインIDと暗証番号の管理の重大さを理解していると思いますが、あまりこの世界に精通していない人は情報管理の重大性をよく理解していない場合が有ります。

よく見られるのがディスプレイの枠にログインIDと暗証番号を書いたメモを貼っている様な人です。これではログインIDと暗証番号は誰にでも使ってくれと言っているようなものです。

結局これ等の情報は暗記してしまうしかありません。家族であっても教えることは避けなければならないものです。この点を安易に考えている人が多いので、十分注意してください。

カードローンの利用方法とは?メンバーズナビと提携ATMの利用

一般的にカードローンの利用方法として提供されているのはローンカードを使ってATMから融資を引き出す方法と、金融機関側に連絡して直接利用者の銀行口座に振り込んでもらう方法の2種類が用意されています。

オリックス銀行の場合ATMは無いと説明しましたので、それならATMからの融資は利用出来ないのかと言うとそうではなく、提携ATMを利用して全国で融資を引き出すことができます。

また振込依頼もメンバーズナビからと電話による依頼の2通りの方法で自分の銀行口座のほうに直接振り込んでくれますので、他のカードローンと同じように利用することができます。

カードローンの利用方法は2種類

カードローンには通常次の2通りの利用方法が用意されています。

  • カードを利用してATMから融資を引き出す方法
  • 金融機関に振込依頼をして自分の口座に振り込んでもらう方法

オリックス銀行カードローンも他のカードローンと同様に、この2種類の利用方法が提供されています。

オリックス銀行はカードも発行されないのではと疑問に思うかもしれませんが、実はキャッシュカードは無いのですが、カードローン用のローンカードは発行されるのです。

このローンカードを利用すれば、オリックス銀行でもATMでの融資を利用することが可能になります。

提携ATMで全国から利用出来る

そうはいってもオリックス銀行にはATMも無いと言ったではないかと言われそうですが、オリックス銀行には提携している金融機関が多数有り、それらの金融機関のATMが利用できるようになっています。

提携ATMには次のようなものが有ります。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソン
  • イオン銀行

ゆうちょ銀行や殆どのコンビニATMが含まれているので、事実上オリックス銀行カードローンは日本全国から利用が可能になっています。

そうはいっても提携ATMでは利用する度に利用手数料がかかってしまうではないかと考える人もいるでしょう。しかしオリックス銀行カードローンの場合には提携ATMの利用手数料は利用者側には掛りません。

ですから、提携ATMとは言っても安心して利用することができます。自前のATMが無いからと言ってその点は気にしなくてよいのです。

ATM利用手数料は高いのか安いのか
オリックス銀行カードローンではATMの利用手数料はかかりませんが、そもそも利用手数料など無視してもかまわないのではないかと考える人もいます。

しかし現在カードローンの金利は非常に低く、利息は非常に少額です。借入額にもよりますが、計算してみると利息に匹敵するほどATMの利用手数料がかかってしまっている場合も有るのです。

要するにATMの利用手数料というのは非常に高いという認識を持たなければならなりません。

もし提携ATMを利用する場合に利用手数料が掛るようなカードローンを選ぶのであれば、提携ATMの利用は避けてできるだけ有利な利用を心がけましょう。

メンバーズナビから振込依頼する

次に振込依頼の方法ですが、振込依頼をするには次の2通りの方法が提供されています。

  • メンバーズナビを利用する方法
  • 電話を利用する方法

まずネット銀行らしくインターネットバンキングのネットナビを利用して振込依頼をする方法があります。ログインしてメンヒューから選べばすぐに振込依頼ができます。

またネット銀行としては人手が掛ってしまいますから人件費節約のために電話での対応はあまりしたくは無いと思われますが、振込依頼については電話でも対応してくれることになっています。

電話での対応によって、インターネットの接続環境が無いような場合でも、振込の依頼ができるようになるので、大変便利になると言って良いでしょう。

振込依頼での注意
振込を利用するのは家に居ながらにして依頼ができるので便利には便利なのですが、利用上注意しなければならないことがあります。

それは時間です。最近では例外も有りますが、通常振込が行えるのは平日の9:00~15:00ということになっています。したがってこの時間を過ぎてしまうと、振り込まれるのは翌営業日ということになってしまいます。

ですから振込依頼を利用する場合には申込み時間に十分注意しなければなりません。お金が必要になりそうと言う時は、早めに振込依頼をして、間に合わないというような事が無いようにしてください。

オリックス銀行カードローン利用上の注意!利用状況確認が重要

このように借入れは他のカードローンと同じように利用が可能なオリックス銀行カードローンですが、注意すべき点もいくつかあるため、申込みの前に確認しておく必要が有ります。

まずネット銀行ということで迅速な利用が可能なように思われます。しかし審査結果は当日中に連絡されますが、利用開始はローンカードが届いてからということになるため即日利用ができません。

また銀行のカードローンとしては金利が高めで、金利だけから判断すれば消費者金融に近いくらいになるので、銀行ということで低金利を狙う場合には注意が必要です。

また利用明細も郵送されるわけではなく、メンバーズナビから確認することになるので、自分の利用状況は自分から行う必要が有り、状況把握を怠ることによる使い過ぎには注意が必要です。

即日融資には対応していない

最近のカードローンでは申込みから融資までの早さを競っているようなところがあります。このため多くのカードローンが申込み当日に融資を行う即日融資を売りにして来ています。

オリックス銀行カードローンはネット銀行ということで、様々な処理は瞬時に行えるから当然即日融資に対応しているのだろうと思われてしまいそうですが、残念ながらオリックス銀行カードローンは即日融資には対応していません。

オリックス銀行カードローンは確かに審査結果は当日中に受け取ることができますが、融資を受け取るためにはローンカードの到着を待たなければなりません。

これは振込依頼を利用する場合も同じで、ローンカードの受け取りが利用開始のための条件になっています。

ローンカードはインターネット上で受け取ることはできませんから郵送を利用することになり、どうしても日数が必要になります。このためオリックス銀行カードローンは即日利用ができないのです。

金利が高め

またオリックス銀行カードローンは金利に注意する必要が有ります。次の表はオリックス銀行と他の金融機関のカードローンの金利を比較したものです。

カードローン 金利
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
アイフル 4.5%~18.0%
このようにオリックス銀行カードローンは銀行とは言え金利的に見ると消費者金融に近いものが有ります。

もちろん審査によって適用金利は変わってきますが、利用開始時は通常最高金利に近い値が設定されますから、オリックス銀行カードローンは他銀行に比べて利息は多少割高になります。

したがってオリックス銀行カードローンの利用方法としては借入額を少なくして、なるべく早く返済してしまうようにしましょう。こうすれば金利の効果が少なく利息が膨らみません。

利用限度額と金利
利用限度額と金利は審査で決まりますが、通常は利用限度額が決まれば自動的に適用される金利が決まるようになっています。利用限度額と金利の関係は利用限度額が高額であれば金利は低く、利用限度額が低額になると金利は高くなります。

利用限度額は利用開始時には信用評価が低いために非常に少額です。したがって最初に適用になる金利というのは最高金利になります。

しかしオリックス銀行の場合には利用限度額が少額でも適用される金利に幅が持たされている為、審査によっては適用される金利は最高金利になるとは限りません。

利用状況はメンバーズナビから確認

オリックス銀行カードローンを利用する場合にはもう一つ注意しなければならないことが有ります。それは利用明細書の郵送が無いということです。

オリックス銀行は徹底して経費節減を行っています。このため郵送費のかかる利用者への利用明細の送付は行っていません。利用状況の確認はメンバーズナビを利用してインターネット上から行うことになっています。

利用明細書と言うのは自分の利用状況を確認することによって、これが借り過ぎの歯止めとして働きます。いつも郵送されてくる利用明細は眺めるだけという人も多いですが、実は心理的な効果が有るのです。

ところがこの郵送物が無ければ、インターネット上からわざわざ利用状況を確認することもなくなってしまい、心理的な歯止めが効かなくなってしまう危険性が有るのです。

そこでオリックス銀行カードローンを利用する際には、月に1度はメンバーズナビを開いて必ず自分の利用状況を確認して、心理的な壁として使うことを忘れない様にしましょう。

ここでオリックス銀行カードローンの利用について纏めておきます。

  • オリックス銀行には店舗が無いので窓口も無くATMも無い
  • オリックス銀行はインターネット上のメンバーズナビを窓口として利用するネット銀行
  • カードローンは提携金融機関のATMとメンバーズナビなどからの振込依頼によって利用する
  • オリックス銀行カードローンは即日融資に未対応など注意すべき点が有る

オリックス銀行は預金金利等は有利ですがカードローンの金利には注意が必要で上手に利用することが重要です。

トピックス
ページトップへ