オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > オリックス銀行カードローンの保証会社は2社!審査への影響は?

オリックス銀行カードローンの保証会社は2社!審査への影響は?

カードローンは無担保、無保証人で借入れできて大変便利ですが、貸す方は何らかの保証が無ければ、そう簡単には貸せません。そこで登場するのが保証会社で、カードローンは保証会社が保証することによって融資が行われます。

このため利用者が返済できない時は保証会社が肩代わりすることになります。ですから利用者を見極める審査は実質的に保証会社が行っています。

通常この保証会社は1つのカードローンに1社ということになってますが、オリックス銀行カードローンでは2社用意されていて、保証業務を行っています。

保証会社は1社目がまず審査を行い、否決の場合には2社目が行うという形を取っているため、利用者には2度のチャンスが有ることになります。

カードローンの保証会社とは?どんな役割をしているのか

消費者金融は銀行が担保や保証人が無ければ貸さない時代に、無担保でかつ無保証人でもお金を貸すことで業績を伸ばしていきましたが、この時に行われたのが個人の信用保証で、当時は消費者金融自体が行っていました。

銀行がカードローンに進出して無担保、無保証人で融資をするためにはこの技術が必要でしたが、当時銀行にはノウハウが無かったため、消費者金融と提携して信用保証を委託し、これが保証会社になっていきます。

保証会社はカードローンの利用者が返済できなくなった時に、銀行に対して債務を保証することになりますから、カードローンを申込むとまず保証会社が審査を行い保証するかどうかを決めます。

保証会社の役割

保証会社というのは簡単に言ってしまえば、保証人のようなものだと考えれば分り易いでしょう。最近では保証人を探してもなかなか見つかりませんから、金融機関のほうが保証会社という形で用意しているわけです。

以前のローンは必ず保証人や担保を用意しなければ融資を受けられませんでしたが、これを変えたのが当時のサラリーマン金融で、信用保証をすることによって保証人や担保を用意しなくても融資をするようになったわけです。

これによってサラリーマン金融は業績を伸ばしていったのですが、厳しい取り立てなどで社会問題になってしまい、経営は失速しますが、その後様々な改善が行われ現在の消費者金融になり利用者も増加していきます。

最初銀行はこういった消費者金融のやり方を無視して旧態然とした保証人と担保を要求する商売を続けていましたが、消費者金融のキャッシングローンの利用者の増加を無視することができなくなり、現在のカードローンに繋がります。

しかし銀行には信用保証のノウハウが無かったため、そのノウハウを持つ消費者金融と提携して、消費者金融に信用保証業務を委託したのです。保証会社に消費者金融が多いのはこうした経緯が有ったためです。

銀行と保証会社の関係

現在では銀行のカードローンの信用保証は殆どが保証会社に委託されています。保証会社は当初は説明した経緯から大手消費者金融が行っていました。

しかし貸金業法の改正で、グレーゾーン金利の撤廃され過払金が発生してしまったり、総量規制で貸しにくくなってしまって消費者金融の経営が傾くと銀行は資本を注入して傘下に入れ、警衛を立て直しました。

この後、大手消費者金融は従来のままの場合も有れば、融資業務と保証業務を別会社にするなど、様々な変遷を経て、現在の銀行と保証会社の関係になってきています。

実質的な審査は保証会社が行っている

保証会社は利用者が返済できなくなってしまうと、銀行に対して利用者に代わって返済しなければなりません。このため損失を被るのは保証会社ということになります。

ですから銀行のカードローンの審査というのは表向きは銀行が行うことになっていますが、実質的には損害を被る可能性のある保証会社が行っています。

カードローンの説明を読むと、保証会社の保証が受けられなければ利用ができないと書かれているのはこのためです。

したがって保証会社は自分の損失につながる可能性が有ることになりますから、審査ではあらゆる角度から利用者の返済の可能性を探ることになります。

オリックス銀行カードローンは保証会社が2社?その役割とは

保証会社というのは通常カードローンごとに一社ということになっていて、地方銀行などにはカードローンを複数持ってそれぞれに一社づつ保証会社を割り当てているような場合も有ります。

これに対してオリックス銀行カードローンでは1つのカードローンですが2つの保証会社を持っていて、一方の審査が否決になった場合、もう一つの保証会社に回って審査が行われるようになっています。

この仕掛けによって利用者は最初の審査に通らなかったとしても、もう一度審査が受けられるため、可決になる可能性がそれだけ増えることになり、その点お得なカードローンと言えるでしょう。

通常カードローンには保証会社は1つ

多くのカードローンの説明を見てみると、必ずそのカードローンの保証会社が書かれています。融資を利用するためにはこの保証会社の保証を受けられることと明記されています。

この保証会社は1つのカードローンに対して1社というのが普通です。したがって保証会社が1つですから審査の難易度はその保証会社次第ということになります。

地方銀行などには複数のカードローンを提供している場合が有りますが、説明を読むとそれぞれ保証会社が違っていて、その保証会社の難易度によって金利が変えられている場合が有ります。

2社体制の仕掛け

ところがネット銀行などではこの1つのカードローンに対して保証会社が1社という仕掛けではなく保証会社が2社になっている場合が有って、どちらかの保証が受けられる人という条件が付いていることが有ります。

オリックス銀行カードローンもこのような2社の保証会社を用意していて、どちらかの保証を要求しています。

オリックス銀行カードローンの保証会社は次の2社でになっています。

  • オリックス・クレジット株式会社
  • 新生フィナンシャル株式会社

審査ではまずオリックス・クレジット株式会社のほうで審査を行って可決すればそれで終わりですが、否決になった場合には新生フィナンシャル株式会社のほうの審査に入り、こちらが可決すればカードローンが利用出来ます。

このように2社体制になる事で、審査のチャンスが2回になるという仕掛けになっている訳です。

オリックス・クレジット株式会社は消費者金融
オリックス・クレジット株式会社は名前を見るとクレジットと入っている為、よくクレジットカード会社だと思われますが、実際は消費者金融で、自身も独自にカードローンを何種類か展開していますし、その他様々なローンも提供しています。

オリックス銀行カードローンの場合、申し込み手順の関係上即日利用は難しくなっていますが、このオリックス・クレジットの場合には、即日利用を希望する場合、振込による利用であれば対応しています。

金利はカードローンにもよりますがVIPローンカードというカードローンの場合3.0%~16.8%ととなっており、最高金利はオリックス銀行カードローンよりも低くなっています。

2社になって利用者には得なのか損なのか

ただし利用者にとってはこの2社体制がどのように影響するのかということが大切でしょう。

これには次の2つの考え方が有ります。

  • 審査に通り易いのか通り難いのかの難易度はどうか
  • 審査で決まる利用限度額や金利はどうなるのか

まず審査の難易度としてはオリックス・クレジット株式会社の方の審査に落ちた後、新生ファイナンシャル株式会社のほうの審査が有りますから、全員が通らないにしても、一部は通るはずで1社体制よりも甘くなるのは間違いありません。

もちろん必ず通るわけではありませんが、可決の可能性としては増えると言って良いでしょう。

次に利用限度額や金利ですが、この2つは信用によって審査で決められますから、1つ目の審査に落ちているということであれば、その分信用の評価が下がることが予想されます。

したがって2社目で審査が通ったという人の場合には1社目で通った人よりも利用限度額は少額になり、金利は高めの設定になっている筈です。

ですから審査通過という観点から見れば、オリックス銀行カードローンはお得なカードローンということになりますが、利用限度額や金利から見れば、他とそう変わらず、利用者の信用相応だと考えられます。

オリックス銀行カードローンの審査とは?何が問われるのか

保証会社が2社になったとしても、審査に通るかどうかは分りません。では審査ではどのようなことが行われることになるのでしょうか。

まず審査の前にそもそも申込条件を満たしていなければ、オリックス銀行カードローンを申込むことができません。そこでまず必要なのは自分がオリックス銀行カードローンの申込条件を満たしていることを確認しましょう。

申込みができたら次に審査ということになりますが、審査では返済能力や信用力が問われますので、申込みの前にそういった点について、自分なりに評価しておくようにしましょう。

また通常カードローンの審査では在籍確認が行われますがオリックス銀行カードローンでも行われますから注意が必要です。

まずは申込条件を満たすこと

カードローンは誰にでも申込めるというものではありません。各カードローンごとに申込条件が決まっています。当然オリックス銀行カードローンでも申込条件が決まっていますので、審査を心配する前に申込条件を満たしている必要が有ります。

オリックス銀行カードローンの申込条件は次の様になっています。

次の条件をすべて満たす人

  • 満20歳以上65歳以下
  • 原則として毎月安定した収入がある
  • 日本国内在住(外国人は、永住者あるいは特別永住者)
  • オリックス・クレジット株式会社あるいは新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる人

保証が受けられるかどうかは審査をしてみなければわかりませんから、申込条件としては年齢と収入と国内在住という3点ということになります。

これから考えると、定年後の高齢者や収入の無い専業主婦などには利用することができないことが分ります。

審査では何が行われているのか

この条件をクリアしていれば申込むことができて、いよいよ審査ということになります。

審査では通常次の点について様々な面から確認が行われます。

  • 申込者が本人であること
  • 返済できるだけの収入が有ること
  • 信用できること

まず本人以外が誰かを騙って申込むということはそう考えられませんが、借入れができないような人はそういうことをする可能性が有るので、厳正に確認が行われます。

収入については次の2点が重要になります。

  • 一定以上の年収が有ること
  • 安定した月収が有ること

年収があまりにも少ない場合には返済に回せるだけのお金は無いと判断され審査には通りません。以前はこの金額が200万円以上とされていましたが、最近ではもう少し少額でも審査には通っているようです。

またオリックス銀行カードローンの返済は月単位で行われますから、月々の収入が安定しているというのは非常に重要なことです。

年収が大きかったとしても月収がバラバラでは返済ができないことも有ると考えるわけです。

信用については信用情報が参照されこの中にオリックス銀行が嫌うような例えばかつて金融事故を起こしたというような履歴が残っていれば、審査には通りません。

審査では以上のようなことが調べられますから、予め自分で確認しみてください。

信用情報
信用情報というのは金融機関が利用者との取引状況を格納して共有するためのデータベースで、新たにローンを申込もうという場合にはこの信用情報を参照して問題の有無を確認します。

この信用情報は現在国内に3種類が有り、銀行、消費者金融、クレジットカード会社がそれぞれ状況を格納し、情報の参照は各信用情報の会員企業が行うことができるようになっています。

例えば消費者金融の場合、消費者金融のものとクレジットカード会社のものの両方の会員になっているのが普通で、消費者金融が保証会社になっている場合、この2つの信用情報が確認されることになります。

銀行のカードローンでは銀行も信用情報を確認しますから、消費者金融の保証会社とともに、3種類すべての信用情報が確認されることになるわけです。

格納される情報は通常の取引の他、金融事故情報も格納され、この事故情報については3種類の信用情報すべてで共有される仕掛けになっています。

在籍確認は行われるか

カードローンの申込みで申込者にもっとも嫌がられているのが在籍確認というもので、これは審査中に申込者の勤務先にオリックス銀行から電話があり、確かに在席しているのか確認するというものです。

この確認は本人確認の一環で行われるもので、最近では様々な申し込み方法が提供されており、店舗窓口での申込みのように対面で本人確認書類と照らして調べることができないために、その補完として行われます。

ただしオリックス銀行の場合もこの在籍確認は行われますが、電話は個人名で行われますから、その電話が何処から掛ったものかは誰が出たとしても分りません。

周囲にバレたくないと考え在籍確認は嫌われますが、実際には周囲に分かってしまうような事はまず有りませんから、その点は安心して下さい。

在籍確認の名乗り
通常在籍確認電話では銀行の場合オリックス銀行のように個人名で掛ってくる所は少なく、大概銀行名を名乗ってかかってきます。これは銀行の場合には、ローンの他にも様々な取引が有って掛って来てもおかしいとは思われないためです。

これに対して消費者金融の場合には消費者金融名を名乗ることは無く、すべて個人名ということになっています。

ですから在籍確認は利用者には嫌がられていますが、まずそういった電話であることは周囲にはわかりません。

そもそも周囲の人はそれほど他人の電話に注意を払っていません。あまり嫌がる必要は無いのです。

オリックス銀行カードローン審査の難易度は?甘いというのは本当か?

審査で申込者が気になるのが難易度ということになりますが、こういった情報はインターネット上の口コミ情報から伝わってくることが多く、それによればオリックス銀行カードローンは銀行としては甘いとされています。

しかし口コミ情報というのはよく見てみると、相反する情報もあるため、審査では通る人もいれば通らない人もいるということです。ですから甘いという情報が自分に当て嵌まるかどうかは分りません。

このためカードローンの審査に通るかどうかは口コミ情報で判断するのではなく、自分の状態を評価して判断することが必要になります。

口コミ情報によるオリックス銀行カードローンの審査の難易度

審査を受けるときに申込者が考えるのはその審査が甘いかどうか自分は通るかどうかというような事だと思います。そして、そういった時に最近参考にするのが口コミ情報です。

口コミ情報と言っても実際に口伝いに伝わってくるものではなくて、この場合インターネット上にある情報を言います。

インターネット上ではありとあらゆる情報を探すことができますが、カードローンの審査の難易度についても実際に利用した人が投稿している情報に触れることができます。

これ等の情報からオリックス銀行カードローンの審査の難易度を見てみると、審査は甘いと言っている情報が目につきます。

要するに口コミ情報だけで判断するとすれば審査には通りやすいと言えるでしょう。

口コミ情報の危険性
口コミ情報というのは便利そうに見えますが、インターネット特有の危険性が有ることも忘れてはいけません。本や雑誌の情報であれば内容の確認が行われますが、インターネットの情報はそうではないからです。

したがってこういった口コミ情報には真実を言っているもののほかに、嘘の情報や悪意の情報等が含まれていることは覚悟しなければなりません。

嘘の情報というのは単に経験の無いことを想像して書き込んでいるもので、参考にはできません。

悪意の情報というのは、嘘の情報と言うだけではなく、何らかの情報操作を行って、利用者を間違った方向に導き、投稿者などの利益に導こうとしているような情報です。

口コミ情報を利用する場合にはこういった無意味な情報が含まれているという前提で利用することが必要になります。

口コミ情報の使い方

しかし口コミ情報で審査の難易度を判断するのは問題があります。口コミ情報を読むときに気を付けなければならないのは、自分の都合に合わせて良い情報だけを拾い読みしてはいけないということです。

この場合で言えば審査が甘いと言っている情報だけを読んでしまう場合が有るのです。しかし口コミ情報というのは都合のよい情報だけではなく必ず都合の悪い情報も含まれています。

ここで言えばオリックス銀行カードローンの審査は厳しいという投稿になります。こういった情報に目を瞑ってしまうと、判断を誤ります。

審査が厳しいと感じるということは、その人は審査に落とされたということでしょう。要するにオリックス銀行カードローンでも審査に落ちてしまう人はいるのです。

自分にはその厳しいほうが当てはまる場合も有るのです。したがって口コミ情報というのは、自分の都合のよい話だけを拾い出して、安心するというものではなく、全体の傾向を見るというような利用方法にしておいた方が安心です。

カードローンを選ぶ場合には、口コミ情報だけで決めるのでは無く、別の角度からの情報も参考にすることが重要になるわけです。

自分の状態の評価が大切

カードローン選びの方法としては、口コミ情報のような他人の意見ではなくて先ほど説明した審査で行われていることを参考に自分自身で自分の評価をすることが必要です。

つまり返済能力としては自分の月々の収支を計算して返済して行けるだけの余裕が有るかどうかを調べてみることが必要ですし、信用については過去に遡って次のような金融事故を起こしていないかを思い出して見ることが必要です。

金融事故 遡る期間
ローンの滞納 5年間
各種支払いの滞納 5年間
債務整理 10年間
ローンの申込み 6か月

ローンの申込みが金融事故かと言われそうですが、短期間に何度も申込むというのは通常あり得ずお金に困った状態と判断され金融機関的に言えば、敬遠したい人ということになるのです。

これ等に問題が無ければ、カードローン審査で問題になるようなことはまずないでしょう。

ここでオリックス銀行カードローンの保証会社が2社になっていることについて纏めておきます。

  • カードローンの保証会社は利用者の保証人の役割をしてくれる
  • オリックス銀行カードローンの保証会社は2社でどちらか一方でも審査が通れば融資が受けられる
  • オリックス銀行カードローンでは本人確認・返済能力・信用が問われる
  • オリックス銀行カードローンの審査は甘いと言われるが自分に当て嵌まる保証はない

たとえ保証会社が2社で審査通過の可能性が上がっているにしても、自分も通ると安易に考えてはいけません。

トピックス
ページトップへ