オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > オリックス銀行カードローンを学生が借りたい!審査は通るのか?

オリックス銀行カードローンを学生が借りたい!審査は通るのか?

カードローンは担保も保証人も必要なくお金を借りられて便利ですから学生でも利用したくなることが有ります。カードローンには条件さえ満たせば学生でも融資する場合が有ったり、学生は排除している場合も有ります。

オリックス銀行カードローンの場合、申込条件で学生は排除していませんが、年齢制限と収入制限が有るので、その点で限定されます。しかしそれさえ満たせば、学生でも申込みが可能になります。

ただし、もし借入れできるにしても、試験期間などでアルバイト収入が減るような時期も、特別扱いはされず、無理な借り入れをしてしまうと、返済に行き詰るため注意しなければなりません。

カードローンでの学生の扱いとは?借り入れが難しい場合も有る

カードローンでの学生の扱いはいろいろあります。まず申込条件には通常年齢制限と、収入条件が有り、学生でも20歳以上で安定収入が求められるため、この時点でかなり学生にはハードルが高いでしょう。

それに加えて、申込条件に学生は申込ができないという規定を設けている場合も有るため、カードローンの利用は学生には、そう簡単なことではないと言って良いでしょう。

また審査に通って借入れできる場合でも、一般的なカードローンでは学生だからと言って、返済に手心を加えて状況によって返済を待ってくれたりするようなことは無いので、注意しなければなりません。

申込条件には年齢制限と安定収入が入っている

カードローンは誰にでも申込めるというものではありません。各カードローンにはそれぞれ申込条件というものが有ってそれを満たしていなければ申込みができないのです。

多くのカードローンの申込条件に共通して含まれているのが次の2点です。

  • 年齢制限
  • 収入条件

年齢制限はそれぞれ違いが有りますが、下限は20歳以上ということで共通しています。収入条件は大概安定収入が有ることと言う記述が有り、何らかの形で毎月安定した収入が無ければ申込みはできません。

これを学生に当て嵌めて考えれば、まず同じ大学生でも18歳では駄目で20歳以上なら良いということになりますし、アルバイトなどをして収入が無ければ申込みはできないということになります。

18歳でお金を借りる方法
本文で説明したようにカードローンの年齢制限では20歳以上でなければ申込みができません。このため20歳未満では借入れは難しくなります。しかし方法が全くない訳ではありません。

クレジットカードは18歳でも作ることができます。クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能の2つの機能が有ります。したがって18歳でもクレジットカードを利用すればキャッシング機能を使うことができる可能性が有ります。

ただし、クレジットカードにも審査が有り、誰でも作れるというものではありませんし、たとえ作ることができたとしても、場合によってはショッピング機能だけでキャッシング機能が付かない場合も有ります。

また未成年者の場合にはクレジットカードを契約する際、保護者の同意が必要になるので、保護者に隠して借入れをしたいというような場合には、契約自体ができないということになってしまいます。

学生を排除している場合が有る

またこれ等の条件を満たしている場合でも、申込条件に但し書きが有り、学生の申込みはできないとしている場合も有ります。

この場合にはたとえアルバイトで高収入が有り20歳を超えている大学生でも、そのカードローンの利用はできないということになります。

これは金融機関の考え方次第ですが、学生を排除しているところは、やはり学生では収入に不安が有り、返済できない可能性も出てくると考えている為です。

したがって学生でカードローンを申込もうと考えている場合は、申込条件を確認して、学生を排除していないかをまず確認することが必要です。どんなに良さそうに見えても申込めないのでは始まりません。

借り入れできても特別扱いは無い

ただし、学生の場合注意が必要なのは、こういったカードローンと言うのはあくまで一般向けであって、学生向けにはできていないということです。

今でも探せばありますが、以前は学生ローンというものをよく見かけることができました。これらの学生ローンは学生の借り入れに特化され、学生向けに設計されていました。

後で触れますが、学生には収入が滞る時期があるため、そういった場合、返済に窮することになります。そこで学生ローンではそういった時期には返済を軽減したり、利息だけにするなど柔軟な対応をします。

しかし一般向けのカードローンにはそういったことが有りません。つまり学生には決して使いやすいローンと言うわけでは無いということを予め了解しておかなければならない訳です。

オリックス銀行カードローンでの学生の扱いは?特に規定はない

ではオリックス銀行カードローンでの学生の扱いはどうなっているのでしょうか。オリックス銀行の場合も申込条件から言えば年齢制限と、安定収入が条件になっていますから、これが満たされなければ申込みはできません。

しかし学生は申込めないというような、学生を排除するような条件は含まれていませんから、年齢制限と収入条件さえ満たしていれば学生でも申込むことができて、審査が通れば学生でも借入れが可能です。

学生の場合勤労学生は別にして収入源は殆どの場合アルバイトと言うことになりますが、アルバイトには色々あって金融機関が評価するのは長期アルバイトということになるため注意しなければなりません。

オリックス銀行カードローンも条件を満たせば学生でも借り入れできる

オリックス銀行カードローンにもやはり申込条件が有り、年齢制限と収入条件が明記され次のようになっています。

  • 20歳以上69歳未満
  • 原則、安定収入が有ること

つまり20歳以上で安定収入が有れば申込みができるということになります。

また他のカードローンにあるように学生を排除するような条件は記載されておらず、この年齢と収入の条件を満たせば学生であろうがなかろうが、申込むことができるということになります。

したがって、オリックス銀行カードローンは、18歳の学生では申込むことはできませんが、20歳を過ぎれば学生でも申込めます。

アルバイトは長期アルバイトでなければならない

さてここで収入について少し詳しく説明しておきます。ここまでアルバイト収入とひとくくりにして説明していましたが、アルバイトには次の2種類があって評価が大きく違うのです。

  • 長期アルバイト
  • 短期アルバイト

長期アルバイトは正社員に準じて月給という形で収入が発生するため、月々安定した収入として評価されます。もちろん正社員のような安定性はありませんが、それでもそれなりの評価を得ることができます。

これに対して短期アルバイトの場合には通常日給としてその日に行った労働の対価を受け取る形になります。この場合、安定性の評価は非常に低くなり、とても審査に通るような評価は得られません。

要するにここまでアルバイトでも申込みができると言っていたのは長期アルバイトに限って当て嵌まることになります。

短期アルバイトの場合には水商売と並んで信用評価は低く、まずカードローンは借りることはできません。もちろん学生だから短期アルバイトでも評価されるだろうなどと淡い期待を抱いてはいけません。

あくまでオリックス銀行カードローンは一般向けです。学生であっても一般人として扱われます。短期アルバイトで収入を得ている場合は、申し込むだけ時間の無駄です。

もしカードローンの借り入れを考えるのであれば、まず短期アルバイトを止めて、長期アルバイトを始めなければなりません。

アルバイトの収入証明
収入を証明する必要が有るのは、オリックス銀行の場合原則として300万円以上の借入れを希望する場合ですが、オリックス銀行が必要と判断した場合には300万円未満であっても収入証明書を要求する場合が有ります。

アルバイトの場合も収入に不安が有る場合には、やはり要求されるはずです。通常収入を証明する場合、年収が確認できる源泉徴収票とか、確定申告書などを用いますが、アルバイトを始めてもすぐにこういうものを用意することはできません。

そこで利用する書類についてはオリックス銀行の判断ということになりますが、通常は給与明細を提出することになるはずです。安定性を示すためには一カ月分ではなく二カ月分を要求されるかもしれません。

学生の場合には、希望金額が少ない場合でも、書類提出を要求されたときに慌てないように、こういった書類を予め用意しておくようにしましょう。

無理な借り入れは危険!学生でも特別扱いはされない!

ただし審査が通ったとしても、学生のカードローンの利用には注意が必要です。日頃アルバイトに励んで安定した収入が得られていたとしても、学生には試験期間などでアルバイト量を減らさなければならない時期が有ります。

こういった時期には収入が減ってしまいますが、オリックス銀行カードローンは、そういった時期が有ったとしても、特別扱いはしてくれません。決められた通りの金額を毎月返済して行かなければならないのです。

したがって、特に学生の場合には、審査が通ったとしても借入れの前に、自分が返済して行けるのかどうか、予めその可能性を検証しておくことが必要です。

学生特有の理由で収入が減ることが有る

学生でもアルバイトをしていれば収入は入ってきます。しかし学生ならわかるはずですが、常にアルバイトが続けられるのかというとそうでもなく、学校行事に左右されることがあるのです。

大学生であれば学校行事と言っても大したものはありませんが、試験だけは避けて通れません。したがってこの試験前から試験終了までの間は、アルバイトができる時間というのは制限されます。

そうするとどうしても収入が減ることになりますから、その月の返済は苦しくなることが予想されます。

しかしカードローンは一般向けですから、学生の試験期間を考慮するようなことは有りません。

ですから、学生がカードローンを利用する場合にはそういった点に注意しなければ、返済できないということになりかねないのです。

ですから学生でカードローンを借りる場合には、このように収入が減ると予想される時期はどうすればよいのか予め考えておかなければなりません。

オリックス銀行カードローンでも学生を特別には見てくれない

オリックス銀行カードローンでも事情はまったく変わりません。学生ということを特別視しないということで、申込みでは学生も申込めるという方向になりましたが、返済では特別視しないということが足かせになります。

したがって申し込みはできたとしても、実際に利用できるかどうかの判断はしっかり行わなければなりません。ローンで重要なのは借りる事よりも返済です。返済が続いている間は気が抜けないのです。

学生かどうかは関係ありませんが、返済ができなくなると、最悪自己破産ということになり、以後長期間にわたって信用は崩壊します。学生の場合では自己破産したまま社会に出ることになってしまうのです。

自己破産した場合どうなるか
自己破産してしまうと、原因になった債務は帳消しになり、返済の必要は無くなります。これは法的に保障された、人生をやり直す方法として有効なものと言えるでしょう。

しかし、自己破産するということは金融機関にとっては損失に繋がってしまいますので、以後10年にわたって信用情報に記録が残り、金融機関からは敬遠されることになってしまいます。

敬遠されたらどうなるでしょう。その間はローンの借り入れなどが出来なくなってしまうのです。この信用情報は金融機関間で共有されることになっていますので、この記録が残っている間はどこに行っても借入れできなくなるのです。

例えば、マイホームを買おうとしてもこの間は住宅ローンの審査には通りませんから、借入れをすることができません。大変不自由な生活を強いられるわけです。

借入れ前に返済の可能性を十分考えなければならない

そこで行わなければならないのは、借入れ前に自分が返済できるのかどうか見極めることが必要です。その判断を行うには、まず月々の自分の収支を計算する必要が有ります。

主婦などの場合には家計簿を付けますから収支の計算も比較的容易にできますが、学生の場合には小遣い帳などを付けている人は極一部に限られます。したがって収支を正確に計算するのはそれほどたやすいことではありません。

ですからカードローンを利用しようと考える場合には、申込む前に自分がどのようなお金の使い方をしているのか、よく把握するように、小遣い帳などを付ける必要が有ります。

できれば1年分程度の記録が有れば良いのですが、無ければ1月分でもよいので支出が把握できたら、収支を計算してみましょう。つまり次の計算をしてみましょう。

収支 = 収入 - 支出

この収支がカードローンの月々の返済額を上回っていれば、返済できる可能性が有るということです。1年分ほど遡ることができれば季節による収入や支出の変動も分りますから、判断はより正確に行えます。

借入れを行う場合には、今度はこれをもとに返済計画を立てます。これは返済期間中の収入と支出を予想して、収支予想を作り返済期間中ずっと返済できそうかどうかを判断し、必要が有ればどの部分の支出を減らすかなどの計画です。

借入れ後の返済はこの返済計画に沿って行い、常に見直して返済できる計画にしておくことが必要です。

カードローンの利用前に考えること!奨学金は利用できないか?

このように学生でもカードローンは利用出来る可能性が有りますが、学生でお金が必要になる理由によっては、もっと別の借り入れを考えたほうが良いはずです。

学生がお金が必要という場合、最も多いのが学費や生活費と言ったことですが、そういう場合は、まず奨学金が利用出来ないかを考えるべきです。返済は必要ですが、カードローンよりもずっと借りやすいはずです。

また急には奨学金は無理だという場合には、教育ローンという選択肢も有ります。借り手は保護者ということになりますが、カードローンよりも金利が低く有利な借り入れが可能ですし、場合によっては公的なものも有ります。

学生がお金が必要になる理由

ここまでカードローンの利用を前提に考えてきましたが、学生の場合、お金が必要という場合、どんな理由が有るのか考えてみると次の3つに纏められます。

  • 学費
  • 生活費
  • 趣味・旅行など遊興費

三つ目の理由であれば一時的なものですし、それほど大きな借入にはなりませんから、カードローンの利用も考えられますが、学費と生活費はカードローンで用意するのはあまりお勧めできるものではありません。

そういった理由でお金が必要であればカードローンではなく、学生向けに提供されている別の方法を利用してお金を作るべきでしょう。

奨学金の利用を考える

もし学業を行っていく上で、学費や生活費が足りないという場合には、そういう人のためにある奨学金という制度を利用すべきです。

海外の奨学金制度は基本的に給付型と言って返済の必要が有りません。しかし日本の奨学金制度は貸与型と言って卒業後に返済しなければなりません。これは奨学金制度としては大きな欠陥と言っても良いでしょう。

それはともかく返済が必要ですから要するにローンです。しかしカードローンを利用するよりも、非常に金利が低く、返済も卒業後ですから有利で学生向けに設計されています。

したがって同じローンを利用すると考えた場合には利用しない手はありません。ですからお金が必要という場合には、まず奨学金の利用を考えてみましょう。

また日本にも企業などが給付型の奨学金を募集していることも有ります。時期的に合えばということになりますが、借りることが分っているのであれば、予め情報を集めることも必要でしょう。

給付型奨学金
現在貸与型奨学金が批判の的にされており、新たに給付型奨学金の提供が検討されています。しかし内容を見るととても希望者全員が受給できるようには見えません。

もちろん誰にでも貸すというのも問題が有りますが、貸与型奨学金の利用者が現在のように増加してきているという所を見ると、給付型奨学金の必要性が良く分ります。

予算が無いという状況は良く分りますが、将来を担う世代を育てるのですから、あまり厳しい条件は付けず、給付してほしいと思います。

教育ローンのほうが金利は低い

申込時期などで奨学金が利用出来ない場合には、教育ローンというものも有ります。この場合学生本人ではなく保護者が借りることになりますが、カードローンよりも金利は有利です。

ただし、この教育ローンにも審査が有りますから誰でも借入れできるわけではありません。もし民間の教育ローンが借りられない場合には公的な教育ローンもあります。

例えば生活福祉資金貸付制度を使えば、条件さえ満たせば無利子で利用することもできます。

このように学費や生活費が足りないという場合には、教育関係のお金はカードローンよりも大変有利に借入れできますから、早い段階からよく検討して、早め早めに対応ができるようにしてください。

ここでオリックス銀行カードローンを学生が借りることについて纏めておきます。

  • カードローンは学生が借入れできる場合とできない場合が有る
  • オリックス銀行カードローンは学生を特に排除していないが特別扱いもない
  • 学生にはアルバイト収入が減る時期が有るため返済には注意が必要
  • 学費や生活費が必要ならカードローンよりも奨学金や教育ローンを利用すべき

学生は勉学が本分で、学業に掛るお金なら仕方がないですが、それ以外の場合にはあまり借入れは勧められません。利用には十分注意してください。

トピックス
ページトップへ