オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> オリックス銀行カードローン商品概要

おすすめの使い道は?オリックス銀行カードローンの商品概要

銀行のカードローンを使ってみたいけれど、どの銀行を選べば良いか分からない…。そんなお悩みを抱えているみなさんは、オリックス銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか?

ここではオリックス銀行カードローンの商品概要について簡単にご説明していきます。カードローンを初めて利用するみなさんも、まずはこちらをチェックしてみてくださいね。

オリックス銀行カードローンを利用する前には、どのような人が利用できるサービスなのか、限度額や金利はどうなっているのか、よく理解しておく必要があります。また、おすすめの使い道などについてもお話ししていきましょう。

お金を借りる条件は?オリックス銀行カードローンの利用対象

まずはオリックス銀行カードローンの利用対象はどのようになっているのか、ご説明していきたいと思います。

カードローンを利用する際には、必ず審査を受けることになります。審査条件をクリアした人がカードローンの契約ができるようになっているので、ご自身の状況をよく見直してみると良いでしょう。

年齢や収入が重要なポイントに

オリックス銀行カードローンの利用対象としては、次のような条件が挙げられています。

  • 満20歳以上65歳以下であること(申し込み時)
  • 原則として毎月安定収入があること
  • 日本国内に在住していること

年齢制限や安定収入かあるかどうか、そして日本国内に住んでいることがなどが基本的な利用条件とされています。

また、外国国籍の方であっても永住者であれば申し込みすることができますし、特別永住者の方も利用対象となっています。日本国籍ではないという方もご安心くださいね。

借り入れNG!利用対象外となるケース

しかし、次のようなケースはオリックス銀行カードローンを利用することはできません。以下に当てはまるみなさんはご注意ください。

  • 学生
  • 専業主婦
  • 年金受給者

学生のみなさんや専業主婦のみなさんは、オリックス銀行カードローンの利用対象外となっています。

銀行によってはカードローンが利用できる場合もありますが、オリックス銀行では利用が認められていません。学生や専業主婦の方はこのようなサービスの特徴をよく理解しておきましょうね。

また、年金受給者の方も同様です。年金による収入があっても、安定収入と判断されるわけではないので、オリックス銀行カードローンの利用はできません。

商品概要の確認も忘れずに!カードローン限度額と金利

オリックス銀行カードローンの利用対象は以上のようになります。続いてはカードローンを利用する上で重要なポイントとなる限度額や金利などの商品概要について見ていきましょう。

限度額はカードローンで借りられる限度を指しています。金利はカードローンでお金を借りる際の手数料のようなものです。それぞれの特徴をしっかりチェックしておきましょう。

最高でいくらまで借りられる?

まずはオリックス銀行カードローンの限度額から見ていきたいと思います。カードローンではあらかじめ借り入れできる金額が決められており、限度額には2通りの意味があります。

  • カードローンのサービス自体の限度額
  • 利用者それぞれが借り入れ可能な限度額

オリックス銀行カードローンの限度額は最高で800万円となっていますが、こちらはカードローンのサービス自体の限度額を表しています。

つまり、誰もがオリックス銀行カードローンで800万円まで借りられるというわけではなく、あくまでもサービス自体の限度額設定という意味合いというわけです。

収入に左右されるカードローン限度額

では、利用者それぞれが借り入れ可能となるカードローンの限度額はどのようにして決まるのでしょうか?

実際にみなさんがカードローンで借りられる金額は、審査によって決まります。そこで重視されるのが、みなさんの収入です。

  • 限度額は収入に左右される
  • 収入が高い場合は限度額も高めになりやすい
  • 収入が低い場合は限度額も低めになりやすい

傾向としてですが、カードローン限度額は収入の高低によって大きく変化します。カードローン契約後も、収入の増減によって限度額も増減することがあるので、あらかじめご注意くださいね。

金利設定もしっかりチェック!

また、カードローンを利用する上で忘れてはならないのが金利です。カードローンでお金を借りたら、利息を付けて返すことがルールですが、そこで必要となるのが金利なんですね。

  • オリックス銀行カードローンは3.0%〜17.8%(年利)
  • 限度額ごとに金利設定は異なる
  • 遅延損害金は通常の金利+2.1%(年利)

オリックス銀行カードローンでは、それぞれの限度額によって金利設定が異なっていることが特徴的です。限度額のコースは10通りありますが、ご自身のコースに対応した金利を必ずチェックしておきましょう。

ちなみに返済が遅れるなど延滞をしてしまった場合は、遅延損害金を支払わなければなりません。利息の負担が大きくなりますので、しっかり返済日を守るよう心がけてくださいね。

趣味や勉強にもおすすめ!オリックス銀行カードローンの使い道

最後にご紹介するのは、カードローンの主な使い道についてです。オリックス銀行カードローンでは、場合によっては高額も借りられる可能性があります。

ただし、オリックス銀行側が認めていない使い道もありますので、あらかじめ注意しておきたいですね。そして使い道を決めてから借り入れをする、という心がけも大切ですよ。

事業性資金の借り入れは禁止!

オリックス銀行のカードローンはどのような目的のために借り入れをすることができるのでしょうか?いくつか例を挙げてみましょう。

  • 次のお給料日までの生活費・交際費として
  • 急な出費があった時の対応策として
  • 趣味を充実させる資金として
  • 資格取得など勉強の費用として

オリックス銀行カードローンの使い道は原則自由となっていますので、生活費や交際費、急な出費への対応にも適しています。また、趣味や勉強などにかかる費用に利用してみても良いですね。

けれども、事業性資金の借り入れはNGとなっています。新規事業や仕事のために借りることはできません。

事業性資金を除いて原則として使い道は自由、というポイントをしっかり覚えておきましょう。

使い道を決めて安心できる借り入れを

このようにオリックス銀行カードローンは様々なことに利用できるサービスですが、お金を借りる前には必ず「このお金は何に使う?」ということをよく考えておくことをおすすめします。

  • 使い道を決めることでトラブルを予防できる
  • 無駄な借り入れをしなくて済む
  • 返済負担も増えずに安心

カードローンで借りたお金の使い道をあらかじめ考えておくことは、こうしたメリットを生みます。

初心者のみなさんでも安心して借り入れをすることができるので、カードローンを利用する前に使い道をしっかり決めておくと良いでしょう。

担保も保証人も不要!カードローンの借り入れは自己責任

オリックス銀行カードローンの商品概要について簡単にお話ししてきました。基本的な利用条件、限度額、金利、そして使い道といったポイントをよく理解しておいてくださいね。

ちなみにオリックス銀行カードローンは担保も保証人も不要のサービスです。利用者のみなさんにとっては嬉しいことかもしれませんが、言い換えればカードローンでの借り入れは自己責任ということになります。

オリックス銀行カードローンを利用する際には、自分自身でしっかりと責任を持って、借り入れ・返済をしていきましょう。

オリックス銀行カードローンのCMを自分なりに解釈してみた!

巷では、銀行系カードローン、消費者金融系カードローンなど、多くのCMが流れていて、お金を借りることがいとも簡単なことのように感じてしまいます。しかし、そのストーリー性あるCMの中にあるメッセージは何かをお考えいただ...

続きを読む

オリックス銀行には店舗もATMも無い?カードローンの利用法は?

銀行との取引といえば店舗の窓口で行うのが普通ですが、オリックス銀行は完全にネット上の銀行のため店舗もATMもなく、キャッシュカードすら発行されないという変わった銀行です。 ただしカードローンを利用する場合はローン...

続きを読む

オリックス銀行カードローンには総量規制が無い!誰でも利用出来る?

カードローンの利用で気になる人の多い総量規制ですが、この規制は貸金業に適用されるもので、オリックス銀行の場合は銀行ですから、総量規制は適用されません。 しかしそうかといって誰でも貸して貰えるというわけではなく、申...

続きを読む

オリックス銀行カードローンの利用限度額は幾ら?年収との関係とは

オリックス銀行カードローンの利用限度額は段階的なコースに分けられ、申込時にこれを選ぶようになっていて、自分の必要に応じて適正なコースが選べます。 ただし、当然審査が行われるため、年収などが考慮され自分の希望通りの...

続きを読む

オリックス銀行カードローンの利息の利率は?金利の決まり方に注目!

カードローンで利用者に適用になる金利は、実際には利用限度額に応じて決まっており、利用限度額は信用で決まります。ですから初めて利用する場合には信用がまだ小さいため、利用限度額は小さく金利は最大になります。 ところが...

続きを読む

オリックス銀行カードローンの保証会社は2社!審査への影響は?

カードローンは無担保、無保証人で借入れできて大変便利ですが、貸す方は何らかの保証が無ければ、そう簡単には貸せません。そこで登場するのが保証会社で、カードローンは保証会社が保証することによって融資が行われます。 こ...

続きを読む
トピックス
ページトップへ