オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > カードローンと同じじゃない?ローン返済のリボ払いは金利設定が違う

カードローンと同じじゃない?ローン返済のリボ払いは金利設定が違う

カードローンとリボ払いには違いがあるので、記事内では具体的にどのような面で違っているのか解説しています。

カードローンというと、返済が固定金額の支払いで管理されているため、返済の計算、もしくはシミュレーションを行うことは簡単です。

しかし、リボ払いはそんなカードローンと違い、利用の仕方によっては大きな損失を招くこともあるので、注意して利用する必要がある返済方法なのです。

人気の返済方法!カードローンの約定返済はどんな返済方法?

カードローンの返済方法ですが、最初からリボ払いというケースは多くありません。

一般的な返済方法は、カードローンであっても約定返済というものが設定されます。約定返済とは、定まった日時までに定まった金額を返済するという返済方法です。

今までにローン契約を組んだことがあるという人であれば、見覚えのある返済方法でもあるでしょう。

約定返済には以下のメリットがあるため、今では銀行、消費者金融のどちらでも対応していることが多いです。

  • 金利計算を行いやすい
  • シミュレーションを素早く完了できる

金利計算とは利息を計算することです。例えば、100万円を借りて年率15.0%の金利設定では、年間に15万円の利息が発生する・・・という計算結果になります。

約定返済は借りた時点で、返済完了までの利息分がパッと計算されるため、後になって利息が増えてしまった・・・というトラブルも起きません。そのため、シミュレーションを素早く完了できるだけでなく、返済総額さえも簡単に把握できるのです。

なぜ人気が高い!?銀行、消費者金融で良く見かける約定返済

約定返済は銀行、消費者金融で良く見かけると案内しました。

なぜ、これほどの人気を得ているのかというと、それは以下のようなメリットにも注目が集まっているからです。

  • WEB審査に対応している
  • 業者が蓄積しているノウハウと相性が良い

約定返済は、先にシミュレーションを行うという形で、返済総額を知ることもできるようになっているのですが、シミュレーションそのものはWEBのみで対応しているため、WEB審査と相性が良いことでも知られています。

WEB審査とは

WEB上でカードローンの審査を行うことを、WEB審査と言います。

WEB審査であれば、「申し込みを行っているところを見られずに済む」ため、男女に関係なく、高い人気を誇っているネットサービスです。

約定返済以外の返済方法では、WEB審査に対応していないこともあるため、約定返済でカードローン契約を組む際は、WEBのみでカードローン審査を終えられる・・・と、案内している金融機関が現在では多い状況になっています。

そして、約定返済は業者が蓄積しているノウハウとも相性が良いです。今まで、数多くのカードローンを販売してきた消費者金融では、約定返済であれば30分以内に審査完了・・・というケースも、今では珍しくないものになりました。

近年のカードローンの人気は、審査の早さにこそあるとも言われているので、業者側は、積極的に約定返済の売り込みを行っているのです。

カードローンとの違い!リボ払いを使ったほうが良い状況は?

約定返済と対をなす返済方法に、リボ払いというものがあります。

リボ払いとは、正確にはリボルビング払いと言われている画期的な返済方法です。ただし、リボ払いの人気については、約定返済と比較するとそこそこの人気という状況のため、業者によっては積極的に売り込んではいません。

その理由ですが、以下の条件を満たせる人でなければ、リボ払いで大きなメリットを得られないからです。

  • 短期間の返済に対応できる
  • 金利をあまり気にしていない
  • 返済方法を都合によって変えたい

短期間の返済に対応できる人というのは、「大きく借りず素早く返す」という対応が可能な人のことです。ですが、業者にとってみると大きく借りてくれない相手・・・となりますので、リボ払いを積極的に売り込まない業者が多いのも事実です。

リボ払いは約定返済とは違い、「素早く返済するほど利息が減る」という仕組みになっています。そのため、1ヶ月間、3ヶ月間といった短期間で返済できる際は、約定返済よりも低金利でカードローンを利用できるのです。

この差が、約定返済、リボ払いの大きな違いと理解して問題ありません。

また、このような性質を持っていますので、リボ払いは返済に余裕がる人であれば、金利をあまり気にせず返済を終えることができます。また約定返済とは違い、リボ払いは後になって返済方法を変更することもできます。

リボ払いで少しだけ返済、その後、ボーナス払いで大きく返済・・・という返済方法も可能なため、好きな時に好きなだけ返済したい人とも相性が良い、という一面がリボ払いにはあるのです。

あまり見かけない!?リボ払いが今では有名になった理由は?

リボ払いですが、意識していないと「リボ払いなんてあったの?」と思ってしまうほど、一部で浸透している返済方法として有名です。

なぜ、現代になってリボ払いが有名になったのか?というと、それはクレジットカードの影響によるところが大きいです。

クレジットカードは、クレジットカードとしての性質を保つために、昔からリボ払いを推奨してきました。

クレジットカードの場合、以下のような利用においては利息が変動してしまうため、カードローンのような約定返済よりも、リボ払いのほうが使いやすいという評価になっているのです。

  • ショッピングローンをクレジットカードで代替
  • クレジットカードにキャッシング枠を設ける

リボ払いというのは、クレジットカードの設定として存在しているのですが、「購入ごとの支払回数の設定」という部分がリボ払いに該当します。

この時に6回払いとしていると、ショッピングローンをクレジットカードで代替するたびに、リボ払いで支払う分が加算されていく・・・という仕組みになっているのです。

約定返済では、12万円の商品を2つ購入すると24万円の返済となり、人によっては来月の返済で困ってしまうこともあるでしょう。

ですが、リボ払いであれば6回に分割して支払うことも可能なので、24万円を4万円で支払い、6回に分けて支払いを完了する・・・ことも難しくはありません。

それと、クレジットカードにキャッシング枠(現金を引き出せる枠)を追加すると、キャッシング枠の利用分で発生する返済額の計算が面倒になります。しかし、このような場合でもリボ払いを利用していると、毎月の返済額をまとめられるようになっています。

例えば、ショッピングローン1万円、キャッシング枠の返済を1万円、合計で2万円・・・という返済方法にも対応しているので、リボ払いのほうが、返済額がわかりやすいという利点が存在するのです。

ただし、リボ払いは約定返済よりも長期間の返済では、金利が高くなりやすいです。なので、素早く返済できる状況であれば、リボ払いも検討する・・・としておくと、約定返済、リボ払いを見極めて利用できるようになるでしょう。

途中から切り替え可能!クレジットカードとリボ払いの相性を検証

すでに案内しましたが、クレジットカードとリボ払いの相性は最高です。

また、リボ払いはさらに上手く利用する方法も存在しますので、今回はそのことについて案内させていただきます。

まず、リボ払いはキャンペーンを意識して利用するようにしましょう。

キャンペーンとは

クレジットカードは、利用ごとにポイントが発生するというサービスが存在します。

ポイントが発生する割合を「還元率」というのですが、還元率はキャンペーン期間中のほうが高いという性質も存在するのです。

キャンペーンは「サービス期間」そのものなので、キャンペーンのタイミングを見計らってクレジットカードを発行する、使う・・・というふうに利用すると、高い還元率の中で上手に利用できるようになるのです。

キャンペーン期間については、クレジットカードの管理会社の公式サイトで発表されています。従来は0.5%~1.0%の還元率なのですが、サービス期間中であれば特定のサイトで商品を購入するだけで、5.0%以上も還元されることがあります。

ポイントはリボ払いの返済などにも利用できるので、1000ポイント貯まっている状態であれば、返済額11000円を10000円にすることも可能です。

このようなリボ払いにポイントを役立てる利用については、「好きなタイミング」で行えるようになっておりますので、クレジットカードとリボ払いの相性は良いのです。

約定返済では、定まってしまった毎月の返済額を後になって変更することが難しく、限られた期間内で行う必要もあるので、ポイント使用にも定まった期間が存在することを覚えておきましょう。

こんな利便性もある!リボ払いを上手に利用して返済を楽にする方法

リボ払いですが、利用の仕方によっては利息が発生しないという利点も存在します。

約定返済は、定まった金利に対して返済を行うというものなので、金利が低くなるというサービスは存在しません。

なぜ、そのような違いが発生するのか?というと、リボ払いには以下のような優遇措置も存在するからです。

  • 初めての利用であれば金利が1ヶ月間のみ0%
  • 1回払い、2回払いは低金利設定

クレジットカードは信販会社だけでなく、銀行や有名な施設(スーパー、スポーツクラブなど)でも販売されています。

クレジットカードの契約が組まれると、販売先にもクレジットカードの発行による利益が生じるため、その利益を得たい業者のほとんどで、積極的にクレジットカードが販売されているのです。

そのため、「契約から1ヶ月分の利息は業者で負担する」という考えも、今ではそれほど珍しくないサービスとなりました。

また、リボ払いは短期間の返済に対応できる人ほど得をします。というのも、3回払い以上から金利設定が高くなるため、2回払い以内であれば金利設定が低い設定になるからです。

リボ払いの金利設定については、以下を参考にしてください。

  • 2回払い以内:6.0%以内
  • 3回払い以上:6.0%~18.0%
  • 6回払い以上:8.0%~18.0%
  • 12回払い以上:10.0%~18.0%

上記のような金利設定となっていますが、返済が苦しいという時は返済回数を後から変更することも可能です。ペナルティのようなものは存在しませんので、支払いに困った際はリボ払いを頼ってみるのも良いでしょう。

一体型ローン?今ではカードローン、クレジットカードを同時に持てる

約定返済、リボ払いについて色々と案内してきましたが、今ではカードローン、クレジットカード一体型のローンも販売されています。

こちらは、銀行カードローンとして販売されているものが該当します。

銀行カードローンなのにクレジットカード?と思うかも知れませんが、現代のカードローンには「付帯機能」というものが存在しますので、クレジットカード機能を付帯させることも、銀行カードローンであれば難しくありません。

カードローン、クレジットカードを一体型にするとどのような得があるのか?については、以下を参考にしてください。

  • 返済額が自動でまとめられる
  • カードの保有数が少なくなる

カードローンで50万円、クレジットカードで30万円利用したとします。その場合でも、銀行カードローンであれば毎月5万円、10万円というふうに、「都合の良い金額で返済する」ことが可能になるのです。

また、クレジットカードを付帯させた場合、以下のような優遇措置が発生することもあるため、クレジットカードのリボ払いと併せて人気を高めている状況にあります。

  • 金利が優遇されやすい
  • 審査で優遇されやすい

金利が優遇されやすいというのは、元々15.0%の金利設定が12.0%に変動することを意味しています。

2つのローン(カードローン、クレジットカード)を同時に契約されている人のため、通常より利用される金額が大きくなりやすい・・・ということを想定して、銀行側で金利優遇してくれることが多いです。

それと、このようなケースでは審査でも優遇されやすくなります。審査というのは、クレジットカードの「ランク」に対して、優遇措置が認められやすくなるという意味です。

例えば、本来であればクレジットカードのゴールド会員(ゴールドランク)というのは、相当の収入を得ていないと審査に通りません。

ですが、銀行カードローンであれば、大きな融資のみ要相談とする形で、ゴールドランク以上の審査であっても、従来より柔軟な対応を取ってくれることが多いのです。

気になるクレヒス!リボ払いでもクレヒスを得ることは可能なのか?

最近では、リボ払いでクレヒスを得ようと考えている人も増えています。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略称で、主に個人信用情報の評価に対して用いられます。

個人信用情報とは

金融の利用履歴は個人信用情報として記録されていきます。

個人信用情報は、個人信用情報機関(CICなど)で記録、保管されるようになっていますが、今では加盟している銀行、消費者金融で照会できる情報でもあるのです。

クレヒスに「良い評価」が多く記録されている場合、あらゆるローン審査で有利になりやすいため、今ではクレヒスを意識してカードローン、クレジットカードを利用している人が増えているのです。

クレヒスは、以下のような行いで得ることも可能となっているため、リボ払いと相性が良いという情報も出回っておりますが、大筋間違ってはいません。

  • ローン契約を組む
  • ローン返済を行う
  • ローン契約の解除

ローンというのは、契約を組んだ時点でクレヒスの記録が行われるようになっています。この場合は、「ローン審査に通った」という良い評価が行われるわけです。

クレジットカードは10万円という少額からでも契約可能のため、カードローンより利用しやすいという声が高まっているだけでなく、1万円以内の商品を購入する際も、クレジットカードでショッピングローンを組むことができるのです。

つまり、クレジットカードで長くリボ払いを利用していると、ショッピングローンが自動的に増えていき、且つ返済も問題なく行われている・・・という、良い評価までもが自動的に増えていくのです。

カードローンの場合、返済を終えるまでに時間がかかりますし、完済後には解除の手続きをしないといけません。このような手間暇をかけないと、クレジットカードのようなクレヒスを得られないのです。

トピックス
ページトップへ