オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > 無職でのカードローン!収入はあるが無職でもお金は借りられる?

無職でのカードローン!収入はあるが無職でもお金は借りられる?

無職でのカードローン申し込み、審査の難易度について案内しています。

収入はあるが無職という人でも、現代であればカードローン審査を行ってもらうことが可能になっていますので、記事内では、そのカードローン審査の不思議について迫っていきます。

また、どのような申し込みであれば無職でのカードローン審査で、審査に通りやすくなるのか・・・といった、カードローンについて知っておいたほうが良い知識も案内しているので、良ければこちらも参考にしてください。

収入はあるが無職!そんな状態でもカードローン審査に通る?

カードローン審査というと、必ず厳しい審査が行われると思っている人が多いです。

ですが、それほど厳しい審査を行っているわけではありません。以下に該当する人からの申し込みを正しく判断するために、金融機関では厳しい審査を行うこともあるというだけなのです。
  • 申し込み内容に虚偽が含まれる人
  • すでに借り過ぎなのに新しく借りようとしている人

無職でのカードローン審査の申し込みであっても、収入はあるが無職というケースも少なくありません。なので、収入はあるが無職というケースであれば、問題なくカードローン審査を行ってもらえるようになっています。

また、申し込み内容に虚偽が含まれるというのは、例えば、現在の就職状況などに対するごまかしです。現在も就職しているように見せかけても、本人確認、在籍確認はカードローン審査で必須となっているのでバレてしまいます。

その際に、お金を借り過ぎている状況なのかもチェックされますので、そのことも理解した上で申し込みを行ったほうが良いです。

無職のカードローン!カードローン審査を行ってもらえる理由は?

無職でも、カードローン審査を行ってもらえるということを案内しましたが、その理由については案内していなかったので、今回は無職でもカードローン契約が可能なのは、どうしてなのか案内させていただきます。

簡単に理由をまとめてしまうと、カードローン審査というのは銀行、消費者金融で対応が違ってくるからです。

  • 銀行:返済のリスクを前提にして審査を行う
  • 消費者金融:信用を前提にして審査を行う

収入に自信がない場合は、消費者金融でカードローン審査を受けるようにしましょう。

消費者金融は銀行と違って、無職でのカードローン審査そのものに数多くの実績を持っていますので、無職であってもカードローン審査に通る可能性が高いのです。

銀行の場合、失業中(無職)の期間が長い・・・と感じる場合は、カードローン審査を行ってもらえません。申し込みを行うと、「審査完了までお待ちください」という連絡をもらえますが、収入が完全に無い相手ではカードローン審査が進まないのです。

そのため、収入に自信がない場合は消費者金融を選択したほうが賢明でしょう。このような仕組みが存在するので、無職でもカードローン契約が可能となっています。

正しい手続き!無職から就労者になった場合のローン審査の違い

なんとも言えないような微妙なタイミングで就職が決まった場合、無職の立場でカードローン審査を申し込まないほうが賢明です。

就職している、していないというのはカードローン審査で、大きな差が生じるので注意してください。もし、すでにカードローン審査の申し込みを行っているのであれば、就職が決まったことを連絡しておきましょう。

また、どうして就職が決まったというだけで審査の難易度が変化するのか?というと、これはマニュアルによって差が生じるからです。

マニュアルとは

金融機関では、マニュアルという審査手順を踏まえてローン審査が進んでいきます。

つまり、マニュアルに見合っていない人物ではローン審査に通らないケースが多いのです。そのマニュアルの中に、就職者に対するローン審査の基準も盛り込まれています。

  • 無職の期間は長いか
  • どのような就業形態か
  • 信用できる企業に就職しているか

銀行、消費者金融でも上記のようなマニュアルを前提として、カードローン審査を行っています。消費者金融は厳しい審査基準を設定していないので、「無職の期間は長いか」に該当した人物でも、カードローン審査を行ってもらえることが多いです。

ですが、就業形態などに問題が生じているようでは、多額の融資を受けるのは難しいでしょう。就業形態がパート、アルバイトでは、10万円、20万円以上は借りられないということが多いのです。

それと、信用できる企業に就職している人であれば、勤続年数が短い人でもかなりの信用を得られるようになります。

公務員として勤務、もしくは大手企業で勤務されている人であれば、銀行、消費者金融ともに審査が厳しくなるケースは少ないです。このようなことを先に知っていると、無職でのカードローン審査にも自信が付くようになるでしょう。

女性の無職はどうなる?男女でカードローン審査の内容が違う?

無職についてですが、男性ではなく女性を中心とした無職でのカードローンについて、今回は詳細の案内を行っていこうと思います。

無職というのは、男性より女性のほうが無職である期間が長いことも多いので、良ければ以下について学んでいただけると幸いです。

  • 主婦は無職として扱われる
  • 専業主婦も無職として扱われる

人によっては、パートによって収入を得ている主婦の方もおられるかと存じます。ですが、カードローン審査においてはほぼ無職と同義という扱いを受けますので注意してください。

というのも、主婦の方ではパートをいきなり辞めてしまうケースがありえるからです。配偶者の収入が多いケース、もしくは主婦に専念したいため辞めてしまうケース・・・などが考えられます。

なので、もし無職(女性)としてカードローン審査の申し込みを検討している場合、銀行、消費者金融のどちらで申し込みを行う場合でも、金融機関に対して「私は審査対象者でしょうか?」と聞いたほうが良いです。

というのも、銀行では主婦を審査対象者、審査対象外のどちらかに分類する傾向にあるからです。銀行は消費者金融に比べると、細かい審査基準を盛り込んでいるので、そのことを理解した上で申し込みを行ったほうが良いでしょう。

また、女性だから収入面も差別される・・・ということはありません。年収が100万円前後でも、カードローン審査で厳しい審査につながるケースは少ない、と思って問題ないでしょう。

騙されないように注意!無職のカードローン審査に関する正しい情報

男性、女性の無職でのカードローン審査について案内してきましたが、無職のカードローン審査には、さらに正しい知識が必要となるケースもあるので注意してください。

というのも、無職のカードローン審査の中には美味しい話も存在するからです。

  • 100万円以上の融資も可能
  • 安い金利でカードローン契約を組める

無職の人が、カードローンに関する情報をインターネットで探っていると、上記のような美味しい話を見つけることがあります。

ですが、上記のような美味しい話は存在しない・・・と思ったほうが賢明です。その理由ですが、以下のような条件付きのカードローンに関する情報だからです。

  • 担保・保証人が必要
  • 特殊な条件を満たす

収入はあるが無職という人では、そもそも人物としての評価は不安定になりやすく、良い評価が付くというケースは稀でしょう。このようなことは業者側も理解しているので、担保・保証人を付けられないようであれば、カードローン審査が進まないこともあります。

もしくは、特殊な条件を満たす人物でなければ、カードローン契約ができないケースも存在します。

担保・保証人は不要なのですが、すでにカードローン契約を行っていて、且つ1年間以上の契約期間を有している・・・という条件など、無職でのカードローンでは達成が難しいものも多いです。

そのため、このような美味しい話を見つけた際は、いきなり申し込むのではなく、「本当に無職でも申し込めますか?」と業者に尋ねたほうが無難と言えます。

こんなことも知っておこう!無職のカードローンと総量規制

現代のカードローンと過去のカードローンの大きな違いですが、それは総量規制が適用されているところに大きな違いがあります。

総量規制とは、借りられる金額が年収に直結しているという規制のことです。

総量規制の詳細

総量規制は、ノンバンク系(消費者金融)などで適用される規制です。

そのため、銀行、信用金庫といった銀行系では、総量規制が適用されないため、総量規制対象外という金融商品が販売されています。

総量規制についてですが、以下のような決まりも存在するので注意してください。

  • 年収の3分の1以上は借りられない
  • 総量規制が施工される前の借金は該当しない

無職でのカードローンでも、総量規制が適用される際は適用されるようになっています。そのため、年収を正確に理解してカードローン審査を申し込んだほうが賢明と言えます。

また、総量規制は2010年以降に、ほとんどの金融機関で施工されるようになりました。

そのため、2010年以前の借金については総量規制に該当しないケースもあります。年収が100万円の場合、過去に50万円借りていたとしても、契約内容が切り替わってしまうという心配は無いのです。

その代わり、総量規制を超えて借りている分については、返済を完了するまでは、新規で借金を行うことは難しくなってしまうでしょう。

無職で新規の借金を行う場合は、現在の年収だけでなく返済状況についても、正しく理解しておいたほうが良い・・・ということです。

収入はあるが無職!現代ならではの理由でそんな人も増えている?

男女に関係なく、無職でのカードローン審査を行っている人は増えています。

その理由ですが、昔に比べて非就労者が増えているというわけではありません。

現代ならではの理由として、以下のような状況で、無職でカードローン契約を組んでいる人が増えているだけです。

  • 自営業としてローン申請を行っている
  • ネットのみで収入を得ている

自営業というと、人によっては大きな収入を得ている人もいるので、カードローン審査を突破するのは簡単・・・と思ってしまいます。ですが、自営業の場合は2年以上の経営年数を得ていないと、無職に近い立場でカードローン審査を受ける羽目になります。

安定した収入を得ている人が少なく、且つ経営そのものが頓挫する人も存在するので、昔のように、自営業というだけで大きな融資を受けられる時代ではないのです。

また、男女に関係なくネットのみで収入を得ている人も増えてきました。複雑な収入形態になっている人も存在するので、収入はあるが無職・・・という状態のまま、カードローンなどを利用している人が増えています。

このようなケースでは、収入証明を行う形でカードローン審査を受けるようにしましょう。

収入証明とは

収入証明書と言われている、「給与明細書、納税証明書、確定申告書」のどれか1枚を、業者に提出することを収入証明と言います。

得をする申し込み方法!無職でもカードローン審査の評価を良くできる

無職でのカードローン審査ですが、無職という立場にとらわれずに、審査上の評価を良いものに変えるというテクニックも存在します。

そのテクニックとは、借金返済を前倒しにしておくというテクニックです。

借金返済を急ぐ・・・というわけなのですが、実は個人信用情報が改善されていくため、カードローン審査においても良い評価を得られるようになります。

個人信用情報とは

個人の信用情報を個人信用情報と言います。

信用情報は、金融の利用に関する信用において、トラブルなどが少ないか、信用が少ないか・・・といった判断で用いられます。

つまり、返済などを前倒しで行ってくれる契約者であれば、自然と個人信用情報の評価が良いものに変わっていくのです。このような評価は、1万円以下の小さな返済でも発生します。

なので、カードローン審査前にクレジットカードの返済を急ぐ、もしくは信販会社などで組んだローンを素早く返済するだけで、良い評価を増やしていくことが可能です。

難しいテクニックでもないため、今ではこのような方法を学んで、無職でのカードローンにおいても強気で望めるような、そのようなローンライフを送っている人も増えてきています。

トピックス
ページトップへ