オリックス銀行カードローン審査の口コミは?調べて
> > シミュレーション便利!オリックス銀行カードローン返済は完済早い?

シミュレーション便利!オリックス銀行カードローン返済は完済早い?

オリックス銀行カードローンを利用したと想定して、オリックス銀行カードローンのサイトで返済のシミュレーションができます。

登録なしで無料で何度でも簡単にシミュレーションできるので、借入額の検討や返済計画、他銀行カードローンとの比較に役立ちます。

返済方法は3つあり、中でも提携ATM手数料無料は魅力的です。返済しているのに毎月手数料を支払うのはもったいないですからね。

借入30万円以下だと毎月の最低返済額は7,000円です。これを安いか高いか人によって感じ方が違います。毎月の返済が苦になると大変ですが、審査通過できたなら返済できます。これからオリックス銀行カードローンの返済について詳しくご説明します。

借入残高30万円以下は7,000円〜!残高で毎月最低返済額が決まる

カードローンで借入をしたら、毎月必ず支払わなければならない(返済しなければならない)最低限の金額が決定します。この最低返済金額を「約定金額」、約定金額の返済を「約定返済」といいます。

例えば、約定金額以下の入金しかなかったら返済できていないとなり延滞料がかかり、あなたの信用情報に影響することになります。毎月の約定返済ができていれば問題ありません。

約定金額は借入残高で決定!借入増額した時は約定金額が変わります

借入残高と約定金額の一覧(最高借入限度額800万円まで)

借入残高 約定金額
30万円以下 7,000円
30万円超〜50万円以下 1万円

50万円超〜100万円以下 2万円

100万円超〜150万円以下 3万円

150万円超〜200万円以下 35,000円

200万円超〜250万円以下 4万円

250万円超〜300万円以下 45,000円

300万円超〜400万円以下 5万円

400万円超〜500万円以下 6万円

500万円超〜600万円以下 7万円

600万円超 8万円

返済日の14日前午前3時以降!約定返済の受付開始が決まっています

返済日は毎月10日か月末日のどちらかを選びます

返済日の14日前午前3時に約定金額が決まるので、約定金額が確定してから返済しましょう。お金があるうちに返済してしまおうと約定金額確定前に返済しても約定返済にならず、返済したつもりでいてもまた請求されます。

返済シミュレーションが便利!登録なしで無料で何度でも使用できる!

オリックス銀行カードローンのサイトで、登録なしで無料で何度でも簡単にシミュレーションできるので、他銀行カードローンとの比較にも役立ちます。

これから借入を検討している人には、借入額の検討や返済プランを立てたりするのに、実際に自分の目で確認できるシミュレーショーンは便利で安心です。

またオリックス銀行カードローンで借入してからも、返済額増額や随時返済(ボーナス返済、臨時返済)や、借入額増額をシミュレーションできるので、自分でお金の管理を目で見てコントロールできますね。

では、実際にシミュレーションを使用した例を挙げてみましょう。
利用限度額を100万円未満コース(12%)で借入希望額30万円と設定してみると、返済シミュレーション結果は、返済回数57回、返済総額393,693円、うち利息93,693円と表示されます。

利用限度額150万円コース(9%)で借入希望額100万円と設定してみると、返済シミュレーション結果は、返済115回、返済総額1,347,507円、うち利息347,507円と表示されます。

※各コースの最下限の年利率の概算なので、実際の年利率と異なる場合があります。

どこの金融機関も同じでしょうが、基本的に、利用限度額の枠が低いほど利率が高く、限度額の枠が高いほど利率が低くなります。過度に限度枠を高く希望すると審査通過できなくなりますので、自分に合った金額を設定しましょう。

最低返済額7,000円は、10万円の借入でも7,000円なので高いと感じる人もいるでしょうが、その分早く完済できるので、利息が少なくなり返済総額が小さく済みます。

絶対注意!約定返済優先!約定返済のつもりが随時返済扱いに!?

約定返済は、返済日の14日前午前3時以降にする必要があるということをご説明しましたが、裏を返せば、随時返済は返済日の14日前よりも前に返済する必要があります。

随時返済とは、手元にお金の余裕があるときにできる返済で、約定返済とは別物です。随時返済をすると、約定返済だけをするよりも早く完済でき、利息も少なくなります。

あくまで約定返済が優先されるため、約定返済だけをしたい時は返済日の14日前午前3時以降に支払いをするように注意が必要です。それより前に返済しても、約定返済を請求されます。

仮に、いつもの約定返済日に、約定金額が1万円の場合、ボーナスが出たからその一部を返済にあてようと3万円の支払いをします。その場合、うち1万円は約定返済になり差額の2万円が随時返済になります。

3つの返済方法どれがいい?提携ATM!口座引き落とし!銀行振込!

返済方法は3つ、提携ATMからの入金か、口座自動引き落としか、指定口座への銀行振込です。

オリックス銀行カードローンの最大の魅力は、提携ATM数と手数料無料です。ATM利用にかかる手数料は、一切かかりません。返済にかかる余計な負担がありません。

利用可能ATM数は全国95,000台以上(2016年5月末現在)です。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、E-net、ローソン、イオン銀行のATMがあるコンビニやスーパーで利用できます。

基本は提携ATMで1,000円以上1,000円単位の返済になりますが、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行と西日本シティ銀行の店舗内ATM(一部除く)の平日の窓口営業時間内なら、1円以上1円単位で返済可能です。

口座自動引き落としが楽だという人は、自動引き落としができない金融機関があります。

自動引き落としができない金融機関は、ゆうちょ銀行、商工中金、農林中央金庫、オリックス銀行、セブン銀行・楽天銀行などのインターネットバンク系、シティバンクなどの外資系銀行です。オリックス銀行は引き落としできません。

銀行振込は、振込手数料は自己負担になります。

随時返済の仕方は、提携ATMと銀行振込は約定返済に気を付けながら振り込みますが、自動引き落としの場合は、インターネット上で指定します。

基本はインターネットで完結!知っておくといい細かな規定をチェック

お客様専用サイト「メンバーズナビ」で、返済専用口座の確認や返済増額などの指定ができます。振込返済用の指定口座は、海外からの送金に対応していません。

借入額を増額した場合、最低返済額(約定金額)が変わっていることがあるので確認してから返済する必要があります。

返済額を増額したが取り消したい場合、メンバーズナビで取り消せないのでカードデスクに問い合わせますが、連絡した日にちによっては取り消し不可の場合があります。

一括返済したい!一括返済金額もシミュレーションで確認できます

提携ATMを利用している人は、1度にできる最大入金可能額は200万円です。口座自動引き落としの人は、約定返済日に限られ、メンバーズナビで増額返済申し込みから行います。

シミュレーション活用!オリックス銀行カードローンの返済方法まとめ

シミュレーションを手軽に活用できると、好きな時に自分の目でお金の管理ができます。返済方法は、提携ATM、口座自動引き落とし、銀行振込の3つです。

返済日は10日か月末日のどちらかを選び、返済日の14日前午前3時に約定金額が決定します。約定返済は14日前午前3時以降に、随時返済は14日前よりも前に行います。約定返済の際に、約定金額を超えて入金すると差額分が随時返済扱いになります。

変更手続き等は、お客様専用サイトであるメンバーズナビでほぼ出来、返済増額の方法もシンプル、返済手数料一切なし(銀行振込は手数料自己負担)と、お金を借りる側にとって返済にかかる余計な負担がありません。

随時返済は積極的にしていくと早く完済できます。早く返済するにこしたことはありませんが、約定返済の確定日と、借入増額による約定金額の変更に注意して、無理のない返済計画を立てることが大切です。

トピックス
ページトップへ